ミラーレス一眼カメラで撮影した写真にまつわる等身大のストーリー

魔法陣グルグル×atre ハロウィン集合絵

魔法陣グルグル、お絵かき第2弾!



いや~、大変でした…。

前作の[魔方陣グルグルED1集合絵]が終わった数日後、魔法陣グルグルの公式Twitter[@magical_grgr]から一枚の絵が流れてきました。その絵がこちら。今回描いた絵の原画になります。

171018-2.jpg


とにかくね、可愛い。悪魔のククリ、魔法使いのルンルン、猫のコスチュームのジュジュ。登場人物の女性陣に胸キュンなんですよ(※紅茶の中の人は男性です)。見た瞬間にこの絵が気に入りました。自分の趣味の時間、他にできることがあるのでこの絵を描こうかどうか迷ったのですが誰かが耳元で囁いたんですよ。「描いてみればいいじゃん・3・」って。まぁー、自分の気に入った絵で絵の修練ができるというのは一番幸せなことだし、上達も多分早い。この絵を描くことを決意しました。

ところが、決意したはいいものの前作に比べて絵の難易度が格段に高い。正直、ここまで難易度が高いとは思っていませんでした。難易度の高さを見抜けなかった僕が何かが失格です(笑)何が失格なのかはわからないけど、何かが失格です!

いやね…まず下書きの段階で各キャラクターの場所取りが難しいんです。真っ白な紙に楕円で大体のキャラの場所をキープしてから大まかに体のパーツをこれまた楕円で描いていくのですが、誰かが窮屈になったり一番端のキャラの横に余白ができたりとにかく大変でした。デジタルなら丸を選択して全部ドラッグしたら簡単に横に寄るのですが紙の下書きの段階ではそれができません。前作より多い人数のキャラクターが全員が横に一列に並んでいるので一人ずれたらその先の人全員ずらさなきゃいけないし、この段階で集中力をかなり使いました。勇者様の顔が似ないのは毎度のことなのですが、レイドの顔が適当になっているのはこのためです。勇者様の顔…紙がボロボロになるくらい試行錯誤を繰り返しました。でも下書きの段階では似なかったね。

171018-3.jpg


続いて線画に入っていくのですが、これまた作業量がとてつもなく多い。ハロウィンってコスプレするじゃないですか。普段着てる服に比べてやたらとみんな装飾が多いんです。ククリなんて黒のローブじゃないんです(泣) 総裁のその包帯は何ですか?(泣) で、みんなやたらとフリルの多い服着てるし、ポージングも複雑。腰に手を当ててる輩が2人もいやがる。腰に手を当ててるポーズはバースデーこうちゃんの絵で諦めたポーズなのです;そして、描いてみると分かるんですが、袖口付近の服の線とか手の線とか非常に細かくこの絵は描かれてるんです。この原画を描いた人の本気を見たような気がしました。苦労しましたが勉強になった(ような気がします)。

顔の部分は原画の顔と自分の描いた顔の部分を切り出して左右に並べて比較。顔のパーツの位置がどうとか輪郭がどうとかいうことを左右で比較して修正を加えました。全体の形や雰囲気を見るいい修練になりました。元の絵に"似せる技術"というのは今回の絵で飛躍的に向上したように思います。細かいこと言い出すとまだまだですけどね(笑)

基本的に真ん中から端の方へキャラクターを描いていったのですが、ククリの髪の毛の細かい線を入れてルンルンの顔を描いたあたりからより繊細に絵を描けるようになりましたね。それが炸裂したのがレイド。めちゃめちゃイケメンになりました。「もんちゃらへっぴ~もけもけさ~」なんて言わないで黙ってたらカッコいいのになんて思うのですが、同じ男性としても胸キュンでした。まだ完成途中の画像なので線が一部おかしいのですが、子供の塗り絵としては十分通用しますよねこれ!?

171018-4.jpg


でねぇ、困ったのが画面の一番端のキタキタおやじ。下書きの段階で大きさ適当に描いたら線画の段階で大きさの見当が付かなくて時間と労力を費やすことになりました。顔はある程度適当でもいいのですが、キャラの場所や大きさは線画の段階に近い精度で描くようにしましょうというのが今回の教訓。たとえそれがキタキタでも。

人の形をしていないキャラクターも含めると全部で9人のキャラクターを描かないといけないのですが、線画が描いても描いても終わらないんです。前作は5日で線画の過程を終えました。今度は5日経っても終わりません。7日経っても終わりません。10日経っても終わりません。ハロウィンは10月31日なので刻一刻と迫る締め切り。「線画でこんなにかかってたら色塗るのにどんだけ時間かかるんや?ハロウィンまでに終わるんか?」という先の見えない不安。それでもとにかくやるしかないわけで、線画にかかった時間は14日、ちょうど2週間です。技術はレベルアップしているはずなのに、2週間かかりました。いくら長くても10日ぐらいで終わるだろうと思っていたのですが大幅に時間がかかりました。

色塗りも大変でした。顔を健康的な肌色に塗ってはいけないんですよこの絵は。何でかはよく分からないんですが、ほら…ククリの髪の毛の色もかなり赤紫っぽい色になってるでしょ。ナチュラルな色に仕上げてはいけないのが今回の絵で、色の調整に苦労しました。加えて、この絵は紫色が多いのでずっと塗ってると紫色の違いが分からなくなってくるんです。明るい紫、暗い紫、赤紫、青紫、江戸紫…。「安っぽい紫だけどこれを修正するにはどうしたらいいかな…(悩)」と思いながらなかなかうまく修正できなかったりして紫地獄でした;集中力が低下した状態で適当な色遣いで後日後悔するのも嫌だったので、そんな日は早めに切り上げてまた次の日頑張るという日々が最後の方は続きました。色遣いといえば、背景のオレンジ色の有る無しでまた色のイメージが変わってくるし、人間の脳というのは実に曖昧です。

色塗りの段階になって線画のミスに気が付いたことも今回は多かったです。(前回はそんなことなかったのですが…。)それだけ複雑な絵に挑んだということでしょう。それだけ頑張ったという証ですね。

そうこうしてると、残り時間が底をつくより先にモチベーションが底をつきかけていました。正直、ここまでしんどいとは思っていませんでした。そんな時にキャラクターにハイライトやシャドーを入れるとキャラが輝くんですね。自分が描いてきたキャラクターに命が宿ったような気がしてもうちょっと頑張ろうって思えました。自分の召喚したキャラクターが画面の向こうから「もうちょっとだから頑張って!」って言ってくれてるような気がしてね(妄想)

色塗りを終えて絵を眺めると結構これでバランスがいいんですよ。「HappY HalloweeN」の文字を最初は入れるつもりをしていたのですが、そうすると絵のバランス的に「魔方陣グルグル×atre」の文字も入れないと格好が付かないんですよね。結局文字は入れずに完成することにしました。

絵を描き終わって…胸キュンだった女性陣はもう見飽きましたね(苦笑)初めての時のような胸キュンなんて感動はもうありません。けど、この絵を見た他の方が胸キュンになって頂ければ僕は嬉しいなと思います。今回の絵はとにかく大変で、描いてる最中は「もうしばらくええわ><」って思ってたのですが、いざ終わってみたらまたこの場所に戻ってきて次の絵をまたここで発表してみたいなと。ね。お絵かき、いいじゃないですか。長々と書きましたがそれだけ苦労して色々なところを旅してきてこの絵に思い入れがある証です。そして最後に言わせて下さい。絵には入れなかったけど、Happy Halloween。



(メイキング画像)
Tumblr.にメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞw

下書き編
線画編(1)
線画編(2)
色塗り編 テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

2017年・誕生会のお知らせ

今年もやります。というか、今年"は"やります!この時期恒例のお誕生日会。去年はメイプルにログインしなくなってお誕生日会はありませんでした。けど、今年はやります!(2回目) 甲子園で行われる高校野球風にいうと「2年ぶり10回目」ということになります。2007年から始めて植木算で本来なら11回目ですが、去年がなかったので10回目で計算あってますね(笑) まずは事務連絡から。下記の要項で2017年・お誕生会を開催します。




日時: 平成29年11月8日(水) 21:00-22:00頃
場所: 自作Javascriptゲーム 「Cygnus Card Game


・開催時刻は目安です。
・ゲームへはPCからブラウザのChrome・Firefoxでの接続をお勧めします。
・10月20日(金)・10月30日(月)の同様の時刻もカードゲーム稼働予定。
(↑会場を下見に来たい方はどうぞお越し下さい。)



まぁお誕生日だからって手の込んだ何かを準備するつもりはないのですが、皆さんでチャットしながらカードゲームを楽しめたら良いかなって思っています。

一年の自分が頑張った足跡というか、頑張った成果をご報告するのがこのお誕生日会の場(と自分では思っています)。なんと言っても今年は自分が設営した場所でお誕生日会をできること。去年の今頃はこんなこと思ってもみませんでした。自分でJavascriptのサンプルコードをつなぎ合わせて作った Cygnus Card Game が今年のお誕生日会の舞台です。PCよりChromeもしくはFirefoxのブラウザでアクセスをお願いします。スマホ(Android)からでも接続頂けますが、画面をスマホに最適化していないため字がめちゃ小さいです;なお、iPhoneから接続されますとチャットが表示されません。なので、PCからの接続をオススメします。

告知ポスターも良いのができてますよ!

170907-12.png


絵は絵師の紅茶狩人さんに頼んで描いて頂きました。「自分やん!」ってツッコまれそうなのですが、まだ自分で描いたというのが信じられないですね。今はもっと複雑な作品に挑戦しています。これもまさか自分で告知の絵を描く…というか描けるとは思ってもみませんでした。絵を描くのは苦手、絵心なんて皆無というのでずっと33年間来てましたから。Javascriptもそうなんですが、真剣に錬成したり召喚したりしたい気持ちがあるとそれを具現化できるんですよ人間は。自分の中に眠っている覚醒していない能力がまだまだあるんじゃないかって思いますね。

「紅茶さんのお誕生日会懐かしかったな。今年はしないのかな?」と思ってふらっとBlogにお立ち寄り下さった方も「初めてなんやけどなんか楽しそう?」と思った方も、パソコンとブラウザがあればカードゲームをお楽しみ頂けます。是非お越し下さい^^「いいとも」もありますよ!

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

魔法陣グルグルED1集合絵

最近お絵かきにご執心の紅茶(の中の人)です。



どうです!?鮮やかでしょう!多分これ以上ないデキに仕上がってます!

「アニメ第10話の作画が可愛いよな!」って思って全く関係なくエンディングテーマの一番最後の集合絵を描いてみようと思い立ちました。前回のバースデーこうちゃん(これに関しては2017年9月7日付の記事[お絵かき小旅行]をご覧下さい。)よりも格段に作業量は増えているのですが、下書き+線画にちょうど1週間、色塗りに4日というところ。元の参考にする絵があれば、色々描けそうだなという手応えを感じました。

お絵かきの技術は確実に進歩してます。下書きを線画にした時の貧弱な雰囲気、言い換えれば線のいがみを素早く修正できるようになっていて以前は修正に3日かかっていたものを3時間で修正できるようになりました。色も時に肌色が今回は綺麗に出せるようになったと思います。

絵を描くことを通じてやってみたかったことが、この魔法陣グルグルのキャラクターを描くことでした。「キャラクターを『召喚』する」なんて僕は勝手に呼んでいます。僕たちはグルグルの世界に入って一緒に冒険することはできません。そして、彼らの冒険はいつか終わります。けれども、彼らを"召喚"する能力を得たことでいつでも彼らを呼び出せるわけです。そして、本編とは関係なしに彼らを旅に出すことが可能になるわけです。温泉旅行にでも、世界旅行にでも。これって凄いことだと思うんですよ。アニメや単行本の冒険が終わったらどうしようって思っていた自分がどこかにいたのですが、これで大丈夫ですね。

一つやってみたかったことを達成しました。いつか成し遂げたい夢は、オリジナルのグルグルの絵を描くこと。ここから続いて行く道を歩いて行けば、いつかは辿り着けるような気がします。

絵を描いた過程、こちらこちら(Tumblr)に簡単にまとめてあります。よろしければどうぞ。何か自分の頑張った軌跡を捨ててしまうのがもったいなくて。Twitterにはアップロードしたのですが、どこかにまとめておきたくて。こういう時にTumblrって便利ですね。



(お知らせ)
Blogのカテゴリに「お絵かき」を追加しました。今後ボーカロイドの作品と同様に描いた絵をこちらへ追加してく予定です。描いた絵をボーカロイドで使った時は…カテゴリ分類をどうするかはまだ考えてません(笑) テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

お絵かき小旅行

皆さんって、絵を描いたことありますか?絵を描くのが趣味の方もいらっしゃいますよね。恥ずかしながら僕は絵心がなくて家族からは「図はうまいけど絵心は皆無」と言われていて、自分で絵を描くことはありません。ボーカロイドの動画の映像部分は写真か他の方に頼むのが常でした。絵を描くといったらもっぱらトレースが主。いわゆる"写し絵"です。

カードゲームの開発も気持ちが入らない。ボーカロイドを制作するにも期間がかかるので、今から作るなら冬から春にかけての曲。こんなクソ暑いのに冬のバラードソングなんか作る気起きないしなぁ…なんて。心に穴が空いてるのを感じながら半ば散歩(というより徘徊)する感じで思いついた曲をMIDIでなぞったり色々やってました。そしたら負のエネルギーをMIDIに吐き出す形で結構形になるんですね。ほなこれにボーカロイドで歌声を乗せて絵を付けないとなって話になって、絵師さんに絵を頼む気力はなかったので自分で絵を調達しようと一枚写し絵を描いてみることにしました。

170907-1.png

心に穴が空いている時は心が割れている絵を描きたくなるものです。漫画・魔法陣グルグルの単行本をスキャナで取り込んで上からレイヤーを被せて線をなぞります。線をなぞっただけで結構それっぽい絵になります。そこで紅茶は考えた。「これー、あっちこっちのをつぎはぎしたら色んな絵が描けるんちゃうん?」

…ということで、何枚か絵をスキャンして顔だけ変えたりしてみたのですが今ひとつうまく行きません。それもそのはず。顔は体の一部でしゅんとしてる時にはしゅんとした顔をして体も猫背になってるし、強気の時は強気の顔で体も胸を張っているのです。涙顔一つとっても目に溜まる涙の形は楕円じゃなくて空豆の形。普段何気なくページをめくって読んでいた漫画に様々な"秘密"が隠されていました。写し絵一枚からこんなにたくさんの"秘密"を知ることができるとは思ってもいなかったので紅茶は大興奮。

もっと絵師の世界を見てみたい。


ボーカロイドの絵を写し絵を描いていく予定だったのですが、貼帆さんから「その内紅茶さんのオリジナルイラストが見られるんですね(ワクワク)」なんて言われまして…。仕事もボーカロイドもみんなまねごとばかりで絵心のない僕にとってオリジナルイラストなんて描けるわけがないって思ってたんですが、ちょうどお誕生日会の告知に使うイラストが欲しいなと思っていたので絵を描いてみることにしました。

自分の中の絵師さんに頼む初めての仕事。ダメで元々。ダメだったからって誰にも怒られない。何も失う物はないわけですよ。何かを描いたらそこが出発点。これがJavascriptを使ってゲームを作った時とよく似てますよね。まずは下書きから。迷わず思い切って鉛筆で線を引けばいい。自分の中で描きたいものは大方決まってる。左手は腰に手を当てて、右手にカードを持ったこうちゃん。参考にするのは魔法陣グルグル単行本の10巻の表紙。カメラアングルはこれで、骨格をきゅきゅっと動かせばそのポーズになるはず…。絵師さんがよくやってるノートの切れ端に下書きをしていきます。

170907-2.jpg

しかし僕には画力がありません。腰に手は当てられなかったので、左手は握って下に下ろすことに。上の写し絵で瞳をカラーでうまく塗る自信がなかったのでごまかしの笑顔。服もいつも自分がゲームできている服を着せたかったのですが、右手の半袖をうまく描けなかったので断念。まぁね、自分の実力のなさをうまくカバーしてそこを避けるというのも大切な技術のうち。(…と仕事をしていてそう思うようになりました。)できあがった下書きはこんな感じ。

170907-3.jpg

足より下には何も来ないんだから足をもっと下に描けよって感じなのですが、なんしか絵を描いたことがないから許せカツオです。これだけ描けたら上出来も上出来。自分の実力は500%発揮されてます。ちゃんと顔の形になってるじゃないですか。この時点で感動ですよ。自分意外にイケるやん、あとはこれを取り込んで思う存分写し絵したらええんやろ?自分の描いた絵なんだからどんだけ写し絵してもオリジナルだぜやっほーって思って意気揚々とトレースした結果がこちら。

170907-4.png

なんか…んー…。


ホワイトボードにペンで書いた描いた落書きというか…。デッサンと一本の線で描いた絵はこんなに違うのかと思ってちょっとショックでした。よく絵師さんが「デジタル絵専門」「アナログ絵専門」なんて言っているのを聞きますよね。デジタルとアナログの違いって何なんだろうと思っていたのですが、これだったのかもしれません。確かにデジタルとアナログの間には壁があります。

この貧弱な感じは何なんだろう…。手がおかしい、髪がおかしい…。髪は絵の左半分は割といい感じなのに右半分がおかしい感じがする…。どうやら絵には方向があってその方向をうまく掴める人がうまい絵を描けるみたい。左半分がいい感じならその続きで右はどんな感じになるのだろう。指の方向は?MMDで人形きゅきゅっと骨格ねじったよね?

…ということで、上の絵が8月31日。そこから2夜連続で修正。グルグルの単行本の表紙と違うところはどこか。一生懸命見比べましたよ。線を簡単に修正できるようにドローソフトではなしにベクターソフトのInkscapeを使いました。下手な外野は三歩引いて…絵を描くのが下手な人はベクターソフトがいいね^^

170907-5.png

170907-6.png

だんだん子供の塗り絵ぐらいには使える絵になってきました。右半分の顔の線を立てたのですが、顔が引き締まって見えますね。いい感じ。帽子に模様を入れて線画は完成としました。

170907-7.png

続いて色塗りなんですが、これまた難しいですね…。色んな色があってどれを使ったらいいか分からないという。図ならせいぜい数色違いがはっきり分かる色を使えばいいので悩むことはなかったのですが、これは悩みました。でもね、やってみてわかった。とりあえず塗ってみたらええねん。何日かかけて「こっちの方がいいな」って修正していったら段々いい物というか納得できるものが出来上がってくるんですよ。

170907-8.png

…ということで色を付けて影も付けてみました。牛丼のすき屋か正露丸みたいな配色は正直不満なのですが、これが自分のセンスで自分の実力。自分の画風はこうなんですよ。きっと。これまで一枚もこういう絵を描いたことないから自分の画風とか知ったこっちゃないけど。考えてても仕方がないのでこれで行くことにしました。これまで一枚も絵を描いていない人間がここまで描けたら大したもんだって。

続いて背景を描いていくことに。まさかここまで形になるとは思っていなかったので背景まで考えてなかったんですよね。そしてここに来てモチベーションの低下が。なぜここでモチベーションの低下か。

頑張ってもいいものができない可能性がある。


どういうことかというと、この絵はお誕生日会の告知用の画像なんです。上に文字が乗ります。背景に色々な色が来ると文字の色を選びにくくなるかもしれない。一生懸命描いた背景で自分の首を絞めることになると本末転倒ですよね。一方で背景を描くと僕は何を知ることができるのか、背景を描くとどんなことになるのか、スキルアップのために一通りのことをやっておきたいという思いもありました。少し悩んだのですが、わざわざここで練習することもないだろうということで今回は詳細に背景は描き込まないことにしました。多分また僕はこの絵師さんに絵を頼むだろうし、どうしても背景を描かなければならない機会も絶対出てくるでしょうから。その時に本気になって描けばいいわけで、今中途半端な気持ちで描いても中途半端なものしかできないだろうというのが考えです。

…ということで背景は簡単に星を散らしたものにしました。ここでも色が難しかったですね。色々な色をコーディネートする上でサーモンピンクの背景が気に入ったのですが、紺色の背景の方が絵は引き締まります。

170907-9.png

字を入れるのはサーモンピンクの方が簡単。黄色もサーモンピンクも薄い色なので濃い色で字を入れると読めます。一方、背景を紺色にすると必然的に字は薄い色になりますが、星と重なった部分の字が読みにくくなります。字の部分に星が重ならないように星の位置を工夫するなどしましたが今度は字を非表示にした時に星の位置に偏りが出ます。そこで、下の字の多い部分には塗りつぶしを置くことで字が読みにくいのを解消しました。たまたま入ったケンタッキーフライドチキンのチラシでグラデーションを使っていたのでグラデーションをかけてみることにしました。絵のヒントって色々参考になりますね。

背景の色に始まって字の色やら色々と数日悩みました。けど、悩んでてもキリがないのでこれで完成としました。サーモンピンクの背景の方はボツにするにはもったいないので併せて色違いとして公開です。

170907-10.png

170907-11.png

そして字入りのバージョンはこちら。またお誕生日会の告知記事は別に書かせて頂きます。

170907-12.png

まさか自分がこんな絵を描けるなんてたぶん1ヶ月前の自分に言っても信じないと思います。自分でもビックリでした。自分の新しい可能性に出会えました。外向きに新しい趣味を見つけることは、内向きの自分の可能性を見つけることかもしれません。自分の中にもっと色々な才能が眠ってるんちゃうかと期待してしまいますよね^w^

170907-13.png

魔法陣グルグルから始まった素敵なお絵かき小旅行。やっぱり魔法陣グルグルは素敵でした。 テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

Trip Trip Trip

今回はみんな大好きボーカロイドの記事です。前回のボーカロイドの記事[Wind Climbing~風にあそばれて~](2017年2月21日付)に続いて魔方陣グルグルからの出典です。この7月からスタートしているアニメ「魔法陣グルグル」の主題歌「Trip Trip Trip」を今回は制作しました。



原曲はこちら。



いやね…他の漫画やアニメってほとんど興味ないんですけど、魔法陣グルグル大好きなんですよ。グルグルだけは。当初(=20年以上前)、魔法グルグルが始まった頃は"RPG(ドラクエ)の裏側を描いた作品" "ゲームの世界に触れて入っていけるアニメ" という感じでした。小学生の頃に「RPGの中の人もお風呂入るんや…。」って思いましたもん。宿屋で泊まったその後ってゲームでは描写されないですからね。それがいつしかニケとククリの愛のファンタジーになってて、様変わりしたもんだなと振り返って思いますね。夏休みの作文…というと作者さんに失礼なんですが、作風もどんどん変わっていくものです。てか、アニメのククリの耳の前の"チャリ毛"がボサボサなのがめっちゃ気になるんですが!!!

最初に魔法陣グルグルと出会って、当時主人公達と一緒に旅をしたかった少年の僕。当時から20年の月日が経って色々なものを作れるようになって創造力は上がったけど、主人公達と一緒に旅をしてる自分を想像する"想像力"は下がったなと思ったんですが全然そんなことないですね(笑) でも色々想像を膨らませても最後はここ(現実世界)に戻ってこないといけない虚しさみたいなのは大人になって感じるようになって、歳を取ったなぁと思います。虚しいのでできるだけそういうことは考えないようにしています。でも、考えないようにしてるけど考えちゃいます。それくらい僕は魔法陣グルグルが大好きです。

*  *  *


さて…今回は現在CD発売のCMも流れてるぐらいの最近も最近の曲を制作したわけなんですが―――

最近の曲って難しいですね!!!(汗だく)


平気で音は小節跨いでるし、サビの後半ではベースは小節の区切りの八分音符1個分手前で音が上がっていくし…(←音符も読めないし楽器も弾けないのでこんな表現になってますが^^;)。こりゃカラオケを作る段階でしっかりボーカル部分を作っておいてそれを見ながらボーカロイドの音を置いていかないといけないなということでリズムという点ではかなり苦戦しました。

それでいて、途中でオープニング曲が変わっちゃうと乗り遅れちゃうので可及的速やかに作る必要もあったりして結構カラオケ部分は適当です(笑)ハイハットシンバルとかよく聞くと絶対違います。サビの部分は複数の楽器が同時に鳴ってるので耳コピなんてできたもんじゃありません!シンセサイザーの音も曲げてません!その辺は開き直って適当に作りました!マラソンは完走なければ意味がないのですよ。カラオケの段階で力尽きるわけにはいきません。

シンセサイザーの音が前面に出ている曲なのでLMMSを使うことにしました。LMMSは音が置きにくいのでDOMINOでMIDIを作ってからそれをLMMSに流し込んで音源を変更してカラオケ部分を作ります。音を選んでいて思ったのは「シンセサイザーの音って色々あるなぁ」ってこと。なかなか思った音色のものがありません。(指パッチンの音源があったのは非常に助かりましたがw)「これは絶対LMMSの出番や!」と思ったけど見当違いでしたね。どんどんとカラオケができていくのですが、自分の作ったカラオケに「あー…(失望)」って作った直後はめっちゃ失望しました。思い通りのができなかったから。けど、次の日になって聞いてみると案外聞けるんですよね。希望は捨てちゃいけないってことです(何残っちゃ) その時の気持ちに任せて「あー!」って思って作ったファイルを削除すると後で後悔してたでしょうね。LMMSで使っているサウンドフォントの中にドラムチャンネルの音が入っているのを発見して使えるようになったのが今回の収穫。今回は別の方法でドラムパートは作っているので次回からこの方法も使って曲を作っていきます!

ボーカル音源に選択したのはUTAUの桃音モモ。桃音モモの連続音の音源セットはCute・Mellow・Passion・Soft・Wisperの5種類があります。通常はSoftを使って、囁くような歌声の時はWisper、ちょっと悲しい曲を歌わせたい時はMellowを使います。Passionは波音リツとポジションが被るので使う機会はあまりありません。最後に残ったCuteっていつ使うんやって感じだったのですが、今回使ったのが最後に残ったCute音源なんです。ハッキリ言ってこれはベストチョイスだったと自分では思っています。音のしゃくり上げがうまく行く音源です。(しゃくり上げると聞けない音源もあるんです…よ!?)桃音モモの新しい可能性に気が付きました。音のズリ上げ・ズリ下げもうまいこと行ってかなり良いデキですよこれは。

音声部分が完成して続いて動画の制作部分に入っていくのですが、これまた動画で悩みました。アニメ紹介のPVをそのまま充てるか、一枚絵で行くか、それとも何枚か絵をつなぎ合わせるか。アニメ紹介のPVををそのまま充てると次のオープニング曲を作りたい時に次の動画のネタに困るなってことで却下。結局何枚か絵をつなぎ合わせることにしました。どこにどの画像を充てるかは僕のセンスというか世界観。もう一つアニメのオープニングを作るつもりで楽しんで制作にあたりました^^ククリのカットが多いのですが、この物語の7割はククリの物語と思うのでククリ多めです。

「魔法にかかるように 心の奥が クラリ色づき始める」というのがこの曲(フルコーラス)で好きな一節なのですが、YouTubeを見てみると魔法にかかったように皆さん色々な魔法陣グルグル関連のものを制作されてるなと感じました。"グルグル文化祭"みたいな感じになっているのですが、みんな魔方陣グルグル大好きなんだなぁと。アニメを作ってる制作サイドの方々も魔方陣グルグル大好きみたいで、プチアニメ劇場なんか見てると大好きな思いが溢れ出して伝わってきます。

現在魔方陣グルグルの続編、魔法陣グルグル2が連載中。順調に単行本を買い揃えて行っています。2になって敵の攻撃も色々といやらしくなっている印象を受けるのですが、二人の冒険に幸あれと願う気持ちはやみません。ボーカロイド、次回をお楽しみに! テーマ:DTM - ジャンル:音楽

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

// HOME //  NEXT
ご案内

一杯の紅茶(FC2)

メイプルストーリーやその他はボーカロイドなどの記事を掲載。

一杯の紅茶(Tumblr)

iPhoneやミラーレス一眼で撮った写真を掲載。写真共有サービス[フォト蔵]とのリンク投稿もあり。

紅茶のつぶやき

叙事詩&Blogの歴史

(Blog・途中73日間の中断あり)

最近の記事


    月別アーカイブ


    10(2)  09(2)  08(2)  06(1)  05(2)  04(7)  02(1)  01(5)  12(3)  11(3)  10(1)  07(5)  06(10)  05(4)  04(1)  03(6)  02(5)  01(5)  12(4)  11(11)  10(4)  09(5)  08(16)  07(2)  06(13)  05(15)  04(18)  03(18)  02(30)  01(18)  12(13)  11(10)  10(8)  09(11)  08(14)  07(12)  06(9)  05(8)  04(12)  03(11)  02(9)  01(13)  12(15)  11(17)  10(17)  09(13)  08(13)  07(11)  06(11)  05(16)  04(9)  03(13)  02(14)  01(9)  12(16)  11(9)  10(12)  09(12)  08(15)  07(14)  06(11)  05(13)  04(12)  03(12)  02(14)  01(11)  12(13)  11(14)  10(17)  09(15)  08(14)  07(15)  06(14)  05(14)  04(13)  03(13)  02(14)  01(15)  12(15)  11(17)  10(16)  09(18)  08(20)  07(21)  06(17)  05(16)  04(20)  03(13)  02(20)  01(20)  12(24)  11(21)  10(21)  09(18)  08(17)  07(22)  06(20)  05(19)  04(12)  03(15)  02(15)  01(14)  12(16)  11(20)  10(16)  09(16)  08(13)  07(17)  06(17)  05(20)  04(19)  03(30)  02(28)  01(31)  12(31)  11(26) 

    Access Counter

    Vocaloid on YouTube

    ブログ内検索

    一杯の紅茶@Mobile

    Special Thanks To


    Art Link Project



    怜雫様(MapleName:聖漣)

    柊乃様(MapleName:甘春)

    ラルミット様

    海結丹弥(みゅーにゃ)様
    (MapleName:貼帆)

    黎明の地平様

    響木様

    べに桜様
    (MapleName:柚木園紅花)

    空雪様
    (MapleName:絶砕月)

    安くて旨いっ様

    婆娑羅桜火様

    羅紅様

    ミライム様

    星空セレネ様

    Can小梅様

    Sound Link Project



    Y川様(MapleName:寄り道娘)

    okarine様

    Wesbor様

    新着Blog情報

    Powered By 画RSS