ミラーレス一眼カメラで撮影した写真にまつわる等身大のストーリー

ふじまつり2018&つつじ~浅香山緑道~

久しぶりのBlogの更新となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は久しぶりに写真の記事の更新でございます。Blogを書くのも久しぶりならば写真を撮るのも久しぶりの紅茶でございます。年明けから色々と花が咲いていくのですが、今回は水仙・梅・桜を飛ばしていきなり藤からのスタートです。

藤は泉南・信達(しんだち)のふじまつり。これでふじまつりは4年連続4回目。…なのですが、今年は今一つ。花時が既に過ぎてしまっているような気がします。花が枯れてる印象を受けるんですよね。

P1120931

こちらが去年の写真。

P1090252

今年の写真と去年の写真を見ていてもう一つ気になったのが写真の発色。

P1120928

こちらが去年の写真。

P1090175

なんか発色が今一つ。なかなか電車が来なくてイライラしてたせいではないと思うのですが、よーく考えてみるとこれPLフィルターをかまして撮った写真なんですよたぶん。乱反射を抑えて空や紅葉の色が鮮やかに出ますよというのがPLフィルターの売りなのですが時と場合を選ぶようですね。

*  *  *


足早にふじまつりの会場を後にして浅香山緑道へ。(ふじまつりの写真を詳しくご覧になりたい方は下のアルバムよりご覧下さい。)JR阪和線の浅香駅を降りてホームから周りを見渡すと、赤く色づいている部分が!これはすごいねぇ。

P1120967

P1120959

遠くからツツジの群生を見たことがないのでいきなり感動。矢印の通りに歩いて行って赤く見えている中に入るとこれまた凄い。ヒトの背丈より高いツツジがずーっと道に沿って植えられてます。

P1120974

P1120975

そりゃもう…写真よりももっと鮮やか。それで写真にすると四角く切り取られちゃうのでなかなかうまく写真に切り取れないんですよね。写真は難しいです。そして今年に入って初めて本格的に写真を撮りに出かけたのでうまくレンズを使いこなせません。ある範囲を切り取るべくあるレンズを使ったけど思うような画角じゃなかったことが一度や二度ではありませんでした。

お絵かきだったらどんな絵を描くのも構図自由なのになぁーと思いながら最初は漫然と写真を撮っていたのですが、ふとあることに思い至りました。

問1: 奥行きのある絵とは?
何も見ずに絵を描いていると、なんかぺったんこの奥行きのない絵を描いてしまうじゃないですか。奥行きのある絵を描こうと思うと、当たり前の話なんですが遠くから手前に伸びるもの(あるいはその逆)を描いて遠くのものは小さく・近くのものは大きく描きますよね。

問2: 奥行きのある写真とは?
じゃあ奥行きのある写真とは?絵と同じことなんですよね。遠くから手前に伸びるもの(あるいはその逆)を被写体に入れてやれば奥行きを表現できるんじゃないかと。

これまでツツジならツツジだけが入って他のものがは入らないように心掛けて写真を撮っていたのですが、それだと退屈な面白みのない写真になってしまう。何でも構わない、人工物でも構わない。奥行き感の分かる物を入れて写真を撮ってみよう。そうすると、こんな感じ?

P1120990

おおおーん…いいかも。(※個人の感想です) じゃあこんなんはどう?

P1120993

これはちょっと手前の柵が目立ち過ぎてあんまりいい写真じゃないかな。でも一つ退屈な写真の世界から抜け出すヒントにはなったような気がします。えーっと、焦点距離の短いレンズと長いレンズだとどっちがよくボケたっけ?このあたりもうしばらく写真を撮らないと忘れちゃってる。お絵かきみたいにゆっくり考えてられないんですよね、写真は。

ツツジと何か他のものを写して奥行きを表現することに成功(?)した紅茶(の中の人)。じゃあもうちょい解釈を広げて。数学の世界で正の数からゼロや負の数に世界が広がったようにもう少し視野を広げてみよう。白いツツジを際立たせるために…白いツツジと赤いツツジを一緒に撮ってみよう。

P1120987

なかなかよさげ。じゃあちょこっと人を入れて撮ってみる?今までなるだけ人が写らないように写真を撮る場面を選んでたけど。

P1130017

P1130065

いいかもしれない。ただ、これもPLフィルターと一緒で何でもかんでも人を入れりゃあいいってもんじゃない。この辺は成功失敗ってなかなか素人ではその場で失敗成功わかりにくいから、色々やってみてどんどん写真を撮ったらいいんじゃないかなと思うんですよ。これまで気が付かなかったことに気が付くと、自分の力の限界が広がりますよね。大切なのは何かに気が付くこと。お絵かきと写真は表と裏の世界。どこかで繋がっているのかもしれません。

今回のアルバムです。

2018-04-22 ふじまつり&つつじ(大阪府)



Date
2018年4月22日

ふじまつり

Location
大阪府泉南市
ホームページ
熊野街道信達宿藤保存会



浅香山緑道

Location
大阪府堺市
ホームページ
公益財団法人 堺市公園協会

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

ククリ誕生日絵2018

絵を描いているとあっという間に1ヶ月ぐらい平気で経ってしまいますね。前回の2018年2月9日付の記事[ニケククの日2018]に続きまして今回の絵も模写になります。



前回は思っていなかったくらいのハイクオリティで狙わずして原画に似たものが描けました。なので今回は狙って「精密模写」を行うことにしました。絵を描き始めて秋頃からは「誕生日の時には『しっぱいしちゃった(びろ~ん)』の絵を描こう」と決めていたのですが、ハードルを大幅に上げて服も少しばかりですが装飾のあるものを着ている絵で背景もある物をチョイスしました。できることばっかりやっててもつまらないですからね。

今回の新しい試みとしては、下書きを書く前に紙の上に各パーツの端が来る場所に定規で線を引いて格子を作ってからそこに絵を描いていくという手法をやってみることにしました。各パーツの端っこをガチガチに縛って決めてしまえばズレようがなく原画に忠実な絵を模写できるのではないかという魂胆です。定規で長さを測って原画に引いた図形を写し取っていくわけです。

180316-2.jpg

180316-3.jpg

定規で長さを測るとか学校の数学の試験だと不正行為でつまみ出される所ですが、お絵かきの世界でもたぶんこんなことして絵を描いてる人あんまりいないんじゃないかと思います。ちょっと後ろめたい気持ちもあったのですが、定規で測っても大体でしか測っていないのでズレますね;実際の絵と全く同じものができるわけではありません。「あ、定規で測ってもこのクオリティか…。」って思ってから不思議と後ろめたい気持ちは薄れました。学問に王道はなしという言葉がありますが、お絵かきにも王道はありません。どこを通るかは描く人によっては違いますが、かならず経なければいけない過程は存在するような気がします。だから、思ったことはちょっとせこい方法だなぁと思ってもやってみることですね。

ちなみに、この方法…線の端が規定されているので絵の歪みを修正するのが大変。「ここ歪んでるけど、こっちの断端もこっちの断端も枠で規定されてるよな…。修正のしようがないじゃん!?」という矛盾に突き当たった後に「最初に描いた枠が歪んでいる」という結論に達します。格子(グリッド)って数が少ないといいメルクマールになるのですが、数が多すぎるとかえって窮屈になりますね。そして数が多くなると細かい歪みも目立つようになります。ただ…この方法にもいい面がありまして、大幅に時間が短縮できます。1週間かかるであろう下書きが3日ほどでできます。労力を節約できるので他の作業に労力を割くことができます。

180316-4.jpg

例によって、その歪みを線画の段階で修正することになります。今回は背景付きの下書きになるのですが、人物の形を修正すると人物を基準に背景を描いているので背景がズレることになります。今回初めて背景を描いたのですが、背景って下書きを無視しては描きにくいんですね。なので、背景は人物からズレています。背景は「精密模写」ではなく「概形模写」になっています。

下書きを無視した時点でそこから先の下書きは無効になってしまいます。精密な背景付きの人物絵を模写したければ、人物の下書きと線画を終わらせた後に背景の下書きを描く、つまり下書きを2回に分けて行う必要がありそうです。

…というところが枠を作って下書きをしましたよというお話。この後初めてしっかりと背景を描きました。ブロック塀を積み上げた塀は結構しっかり描けたと思うのでメイキングの過程をお話ししてもいいのですが、それはおそらくまた別の機会があると思うのでそちらへ譲りたいと思います。

背景は背景で人物とはちょっと違う描き方のノウハウみたいなのがありそう。原画に描かれている形と色を真似ると質感や立体感が出るんです。元々は二次元の真っ白な質感のないギャンバスなのに不思議だと思いません?これ、アニメの一場面以外を模写しても面白いものができあがるのではないかと思った紅茶でした。それはまた、次回以降の作品でのお話です^^



(メイキング画像)
Tumblrにメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞ。

下書き編
線画(人物)編
線画(背景)編
色塗り編 テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

ニケククの日2018

2月9日はニケとククリで「ニケククの日」だそうです。誰がこんなもん考えたんやっていう…。まぁこんなんでもないと絵を描く機会ってないですからね。絵を描くようになってそう思います。さて、今回手掛けました絵はこちら。模写になります。よしきさん(@cres_yoshiki)のTwitterで流れてきたカレンダーが原画です。よしきさん、素敵な絵をご紹介ありがとうございました!



描いてる最中は一生懸命になって描くので、修正点を探そうとする辛口の目で見るんです。なので自分の絵を褒めるというよりはあら探しをする目で改善していきます。そうやってずっと一心不乱に駆け抜けて一枚の絵を描き上げて改めて見ると―――。

えらいもんを描いてしまったなぁと。


自画自賛をお許し頂きたいのですが、何かこれ…このままグッズになっててもおかしくないクォリティじゃないかなと思うんですよ。模写すると大抵劣化コピーになるじゃないですか。劣化がないとは言いませんが、これはこれで十分いい絵だなと。顔の形の取りにくい絵だったので、以前に手掛けた[サンタクロースのニケとククリ]ぐらいの絵になることは正直覚悟していました。見れば見るほどこれは自分が描いた絵かと思ってしまいますね。

♪誰にも見せない涙があった 人知れず流した波があった
♪消して平らな道ではなかった けれど確かに歩んできた道だ


いつもなら「今回はこんな所に苦労してこんな方法を編み出してこんな風にしたらいいと思うので良ければ参考にして下さい」って長いなりにも書けるのですが、今回は色々ありすぎて書けないですねぇ。日々絵を描いていて感じたことはリアルタイムでTwitterで流しておりますのでそちらをフォロー・ご覧下さいませ。(Twitterの宣伝になってしまったw数行で片付けよったぞこうちゃん!)

めっちゃまとめて最後だけお話しするとすれば…。原画のパーツの端など目安になる所に縦横に線を引いてその比を保ったまま自分の絵に格子を作図してそこから絵を描くのをスタートすれば精密に模写ができるのではないかと思いました。前作の桐灰レイドの時もそうだったのですが、格子の上に描くと非常に楽に整った絵が描けます。アタリを丸でとるよりは取れるのならば四角形で取ること、それが取れないなら桐灰線を描き込むだけでも随分いい位置からスタートできます。まず描くのは丸ではなしに直線なのかもしれません。

今回の模写で学んだことをここで全部書こうとすると、詳細に図を使いながら非常に冗長にお話しする形になってしまいます(だからTwitter参照になってるわけですが…)。一生懸命に本気になって物事に取り組むと得られるものも大きいですね。今回インプットして学んだことをうまくアウトプットできるかは自分次第。けれど、この絵を描かないと分からなかっただろうなって思うことがたくさんあるのできっとこの経験は活かせるように思います。大変だったけど、また一つステップアップできたような気がします。



(メイキング画像)
Tumblrにメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞ。

下書き編
線画編
色塗り編 テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

カイロの神、オレ!!

最近は特に寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。昨日からPokemonGoでカイオーガが実装されて、今日は朝の5:30から起きて捕獲を試みましたが捕まらず。ボール投げる手が冷え切ってましたが、カイオーガ捕まえにくいですね。ピンチです。

さて…今回手掛けました絵はこちら。タイトルは阪本。さん(@sakamoto481)からアイデアを頂戴しました。



なんか…いい感じですね。毎回同じ事を言ってるかもしれませんが、正直ここまで描けるとは思っていませんでした。やっぱり僕にとってお絵かきは"魔法"です。今回この絵を描こうと思ったきっかけがスーパーで見かけたウサギの絵を目にしたことでした。某カイロのパッケージに描かれてあるウサギの絵です。

180114-2.jpg

この絵をパッと見た時に「あっ、整った絵だな。」と思うと同時に、何かが見えたんですよね。何が見えたかっていうと―――。ちょっと写真に落書きをしますが、各パーツがある直線上に乗ってるんです。

180114-3.jpg

180114-4.jpg

青い菱形は「シーナの菱形」と勝手に呼んでますが、緑の線は今回の桐灰カイロにちなんで「桐灰線」と呼ぶことにしましょうか。この直線が整った絵の秘密かなと思って、じゃあ下書きの時にこの直線上を描いてこれに各パーツを乗っければうまく描けるんじゃないかと思ったわけです。…ということで描いた下書きがこちら。なお、普通にウサギは描きたくなかったので代わりにレイドをチョイスしました。レイドが「はーっはっは!PinkBomb(←いい発音で)&ラッキースター!オレはこれがあるから寒くないぞ!」って言ってる姿が浮かんだんですよね。

180114-5.jpg

横に絵を置いて、桐灰線の角度をなるべく似せるように。シーナの菱形の形はキャラによって変わるので参考にはできません。上半身・下半身も正中線とそれに垂直に交わる横断線を描いて方眼紙の上にパーツを描くようにして下書きを進めました。線をいっぱい引いたので作図をしているみたいな感じでした。まぁ…綺麗に描ければ何でもいいんです^w^一応今回下書きで気をつけた所をこれまた下書きの絵に書き込んでおきました。(この一言で長い説明をしなくていいので便利☆)

180114-6.png

これまでは線画はinkscape、色塗りはGIMPで作製していたのですが、今回はペンタブとCLIP STUDIO(クリスタ)というソフトを使って絵を描いてみることにしました。(相談に乗ってくれた貼帆師匠ありがとうございます!)クリスタは30日間無料で体験版を使用できるということで、どんなものか使い勝手を見てみることにしました。




使ってみた感想としては…最強の修正機能を備えてますね。ペンタブの操作にそんなに慣れてないので線がピヨピヨするんですよ。それがこの通りでございます!!!

180114-7.png

ペンタブで描いた線の軌跡と太さを後から修正できるんですよ!?こんなん筆がうまく使えなくても綺麗な線が引けちゃうじゃないですかっていう。「こんなズル技使っていいのかおい!」って思ったのですが、おいしい話には裏がありまして…。線画の修正に非常に時間がかかるんですよ;そしてinkscapeよりノードが扱いにくいです。まぁ、あくまでノードの修正は補助的な機能と言われればそれまでなんですけどね。もっとうまくベクターを扱えるような機能が隠れているかも知れません。それは今後の課題。

色塗りもまぁこんなもんかなと。GIMPはマウスとペンタブが全く別個のものとして認識されていたのですが、それがなくなって非常にスッキリ。こちらの方はマスク機能などもっと色んな機能を使いこなせば隅々まで綺麗に塗れるんじゃないかと思います。わずか10日でソフトの全機能を自分の手足のように使いこなせる…わけないですからね。

色塗りで光ったのがペンタブ。ペンタブで塗るのとマウスで塗るのとでは雰囲気やっぱり違うんですよね。線画は大幅修正するのであまりペンタブのありがたみって感じなかったのですが、ここでペンタブの効果が出てくるかという感じですね。これを予言していた貼帆師匠最強。

総じて、CLIP STUDIOは非常に優秀なソフトじゃないかなと思ってます。ここまで描けて文句は言っちゃいけないと思うんですよね。早速5000円をコンビニ出払って永年使用できるようにいたしました(笑)ペンタブ8500円とお絵かきソフト5000円で合計13500円。カメラを買ったからそう思うのかもしれませんが、13500円の初期投資であとずっと絵が描けるというのは僕は非常に安いと思います。自分が思った絵を描けるって結構面白いですよ^^



(メイキング画像)
Tumblrにメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞ。

下書き編
線画・色塗り編 テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

キタキタおやじ誕生絵2018

皆様、新年あけましておめでとうございます!さて…新年一発目のお絵かき作品公開はこちら!



魔法陣グルグルより、キタキタおやじのお正月バージョンです。頭に扇子付けて、頭の横にはこれ何…なんか商店街の街灯にぶら下がってるお正月飾りのようなもの。梅の花はピンクのかまぼこの真ん中にタマゴが入ってるのをイメージしました。腰蓑はりゅぅぼぅさんからしめ縄にしろと脅迫…ではなくリクエストがありましたので、やってやろうじゃんってことでしめ縄にしました。首からは幣(ぬさ)をぶら下げて、色々な意味でめでたいオヤジになってます(笑)




今回一番大変だったのが絵を描くのに十分な日数を確保できなかったこと。知ったのが12月26日で、数日しか絵を描く時間がなかったんですよね。ですんで、今回は線は全部同じ太さです。まぁ何とか完成まで辿り着けました。本当は福の垂れ幕を赤にしたかったのですが、紅白の水引を描いてしまったので仕方なしに垂れ幕は青に。犬も歩けば棒に当たるので次に活かす所は次に活かしましょう。戌年だけに。反省する点がない方がおかしいですからね!

この絵を描いてみて重要だったのかなと思ったのが、自分の描きたい絵に対して適切な参考資料を選ぶことなんじゃないかなと感じています。今回キタキタおやじを描くに当たって参考資料にしたのがこの2枚の絵。(しめ縄は別の参照画像がありますがここでは省略します。)

180101-3.png

180101-4.png

アニメのオープニングとエンディングの主題歌の一場面なんですが、アニメ見た方は幾度となく見ましたよね。上の写真の上半身と下の写真の下半身を合わせるとほぼ今回の絵になるわけです。「アニメの絵を描く講師の方がTwitterで言ってたのはこれか!?」ってね。




すごく大まかなんですが、結局こういうことなんじゃないでしょうか。

画力
||
(1)参考資料を集める力

(2)参考資料を模写する能力


結局、僕が画力を向上させるために主に取り組まないといけないのはこの2つに集約されるんじゃないかなと気が付いたわけです。

(1)参考資料を集める力


自分の描きたい絵に対して、適切な参考資料を引用してくる能力。「これを参考にしよう!」と思えるインスピレーションの他に、参考資料の母数を増やすことと共にどこにどんな参考資料があったのかをカルタの絵札がどこにあったかを覚えておくような感じで記憶・整理することも必要。自分の手なんかも参考資料になったりしますよね。キャンバスに絵を描く能力とは直接関係はない。

(2)参考資料を模写する能力


絵を左から右に形を崩さず写す能力。もっと細かく分解すると、左の原画と右の自分の絵を比べてどこが違うかを分析する能力。どんな線でパーツを結べば違いが見えやすいかも日々研究中。

171215-3.jpg

決められた時間内に何も見ずに描くのは学校の試験。お絵かきは学校の試験じゃないんだから、時間制限もないし(1)どんな資料を (2)どう使って絵を描くかについては制限はないんですよ。時間制限がないならもうちょっと早く始めましょうね、紅茶さん。…というところで今日のお話は終わりです。



(メイキング画像)
こちら(Tumblr)にメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞ。 テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

// HOME //  NEXT
ご案内

一杯の紅茶(FC2)

ボーカロイドやお絵かき、ミラーレス一眼カメラで撮った写真などの記事を掲載。

一杯の紅茶(Tumblr)

写真の簡易投稿やお絵かき(製作過程)、ボーカロイド(簡易作品)の投稿などを掲載。

紅茶のつぶやき

叙事詩&Blogの歴史

(Blog・途中73日間の中断あり)

最近の記事


    月別アーカイブ


    04(1)  03(1)  02(1)  01(3)  12(2)  11(2)  10(2)  09(2)  08(2)  06(1)  05(2)  04(7)  02(1)  01(5)  12(3)  11(3)  10(1)  07(5)  06(10)  05(4)  04(1)  03(6)  02(5)  01(5)  12(4)  11(11)  10(4)  09(5)  08(16)  07(2)  06(13)  05(15)  04(18)  03(18)  02(30)  01(18)  12(13)  11(10)  10(8)  09(11)  08(14)  07(12)  06(9)  05(8)  04(12)  03(11)  02(9)  01(13)  12(15)  11(17)  10(17)  09(13)  08(13)  07(11)  06(11)  05(16)  04(9)  03(13)  02(14)  01(9)  12(16)  11(9)  10(12)  09(12)  08(15)  07(14)  06(11)  05(13)  04(12)  03(12)  02(14)  01(11)  12(13)  11(14)  10(17)  09(15)  08(14)  07(15)  06(14)  05(14)  04(13)  03(13)  02(14)  01(15)  12(15)  11(17)  10(16)  09(18)  08(20)  07(21)  06(17)  05(16)  04(20)  03(13)  02(20)  01(20)  12(24)  11(21)  10(21)  09(18)  08(17)  07(22)  06(20)  05(19)  04(12)  03(15)  02(15)  01(14)  12(16)  11(20)  10(16)  09(16)  08(13)  07(17)  06(17)  05(20)  04(19)  03(30)  02(28)  01(31)  12(31)  11(26) 

    Access Counter

    Vocaloid on YouTube

    ブログ内検索

    一杯の紅茶@Mobile

    Special Thanks To


    Art Link Project



    怜雫様(MapleName:聖漣)

    柊乃様(MapleName:甘春)

    ラルミット様

    海結丹弥(みゅーにゃ)様
    (MapleName:貼帆)

    黎明の地平様

    響木様

    べに桜様
    (MapleName:柚木園紅花)

    空雪様
    (MapleName:絶砕月)

    安くて旨いっ様

    婆娑羅桜火様

    羅紅様

    ミライム様

    星空セレネ様

    Can小梅様

    Sound Link Project



    Y川様(MapleName:寄り道娘)

    okarine様

    Wesbor様

    新着Blog情報

    Powered By 画RSS