ミラーレス一眼カメラで撮影した写真にまつわる等身大のストーリー

Trip Trip Trip

今回はみんな大好きボーカロイドの記事です。前回のボーカロイドの記事[Wind Climbing~風にあそばれて~](2017年2月21日付)に続いて魔方陣グルグルからの出典です。この7月からスタートしているアニメ「魔法陣グルグル」の主題歌「Trip Trip Trip」を今回は制作しました。



原曲はこちら。



いやね…他の漫画やアニメってほとんど興味ないんですけど、魔法陣グルグル大好きなんですよ。グルグルだけは。当初(=20年以上前)、魔法グルグルが始まった頃は"RPG(ドラクエ)の裏側を描いた作品" "ゲームの世界に触れて入っていけるアニメ" という感じでした。小学生の頃に「RPGの中の人もお風呂入るんや…。」って思いましたもん。宿屋で泊まったその後ってゲームでは描写されないですからね。それがいつしかニケとククリの愛のファンタジーになってて、様変わりしたもんだなと振り返って思いますね。夏休みの作文…というと作者さんに失礼なんですが、作風もどんどん変わっていくものです。てか、アニメのククリの耳の前の"チャリ毛"がボサボサなのがめっちゃ気になるんですが!!!

最初に魔法陣グルグルと出会って、当時主人公達と一緒に旅をしたかった少年の僕。当時から20年の月日が経って色々なものを作れるようになって創造力は上がったけど、主人公達と一緒に旅をしてる自分を想像する"想像力"は下がったなと思ったんですが全然そんなことないですね(笑) でも色々想像を膨らませても最後はここ(現実世界)に戻ってこないといけない虚しさみたいなのは大人になって感じるようになって、歳を取ったなぁと思います。虚しいのでできるだけそういうことは考えないようにしています。でも、考えないようにしてるけど考えちゃいます。それくらい僕は魔法陣グルグルが大好きです。

*  *  *


さて…今回は現在CD発売のCMも流れてるぐらいの最近も最近の曲を制作したわけなんですが―――

最近の曲って難しいですね!!!(汗だく)


平気で音は小節跨いでるし、サビの後半ではベースは小節の区切りの八分音符1個分手前で音が上がっていくし…(←音符も読めないし楽器も弾けないのでこんな表現になってますが^^;)。こりゃカラオケを作る段階でしっかりボーカル部分を作っておいてそれを見ながらボーカロイドの音を置いていかないといけないなということでリズムという点ではかなり苦戦しました。

それでいて、途中でオープニング曲が変わっちゃうと乗り遅れちゃうので可及的速やかに作る必要もあったりして結構カラオケ部分は適当です(笑)ハイハットシンバルとかよく聞くと絶対違います。サビの部分は複数の楽器が同時に鳴ってるので耳コピなんてできたもんじゃありません!シンセサイザーの音も曲げてません!その辺は開き直って適当に作りました!マラソンは完走なければ意味がないのですよ。カラオケの段階で力尽きるわけにはいきません。

シンセサイザーの音が前面に出ている曲なのでLMMSを使うことにしました。LMMSは音が置きにくいのでDOMINOでMIDIを作ってからそれをLMMSに流し込んで音源を変更してカラオケ部分を作ります。音を選んでいて思ったのは「シンセサイザーの音って色々あるなぁ」ってこと。なかなか思った音色のものがありません。(指パッチンの音源があったのは非常に助かりましたがw)「これは絶対LMMSの出番や!」と思ったけど見当違いでしたね。どんどんとカラオケができていくのですが、自分の作ったカラオケに「あー…(失望)」って作った直後はめっちゃ失望しました。思い通りのができなかったから。けど、次の日になって聞いてみると案外聞けるんですよね。希望は捨てちゃいけないってことです(何残っちゃ) その時の気持ちに任せて「あー!」って思って作ったファイルを削除すると後で後悔してたでしょうね。LMMSで使っているサウンドフォントの中にドラムチャンネルの音が入っているのを発見して使えるようになったのが今回の収穫。今回は別の方法でドラムパートは作っているので次回からこの方法も使って曲を作っていきます!

ボーカル音源に選択したのはUTAUの桃音モモ。桃音モモの連続音の音源セットはCute・Mellow・Passion・Soft・Wisperの5種類があります。通常はSoftを使って、囁くような歌声の時はWisper、ちょっと悲しい曲を歌わせたい時はMellowを使います。Passionは波音リツとポジションが被るので使う機会はあまりありません。最後に残ったCuteっていつ使うんやって感じだったのですが、今回使ったのが最後に残ったCute音源なんです。ハッキリ言ってこれはベストチョイスだったと自分では思っています。音のしゃくり上げがうまく行く音源です。(しゃくり上げると聞けない音源もあるんです…よ!?)桃音モモの新しい可能性に気が付きました。音のズリ上げ・ズリ下げもうまいこと行ってかなり良いデキですよこれは。

音声部分が完成して続いて動画の制作部分に入っていくのですが、これまた動画で悩みました。アニメ紹介のPVをそのまま充てるか、一枚絵で行くか、それとも何枚か絵をつなぎ合わせるか。アニメ紹介のPVををそのまま充てると次のオープニング曲を作りたい時に次の動画のネタに困るなってことで却下。結局何枚か絵をつなぎ合わせることにしました。どこにどの画像を充てるかは僕のセンスというか世界観。もう一つアニメのオープニングを作るつもりで楽しんで制作にあたりました^^ククリのカットが多いのですが、この物語の7割はククリの物語と思うのでククリ多めです。

「魔法にかかるように 心の奥が クラリ色づき始める」というのがこの曲(フルコーラス)で好きな一節なのですが、YouTubeを見てみると魔法にかかったように皆さん色々な魔法陣グルグル関連のものを制作されてるなと感じました。"グルグル文化祭"みたいな感じになっているのですが、みんな魔方陣グルグル大好きなんだなぁと。アニメを作ってる制作サイドの方々も魔方陣グルグル大好きみたいで、プチアニメ劇場なんか見てると大好きな思いが溢れ出して伝わってきます。

現在魔方陣グルグルの続編、魔法陣グルグル2が連載中。順調に単行本を買い揃えて行っています。2になって敵の攻撃も色々といやらしくなっている印象を受けるのですが、二人の冒険に幸あれと願う気持ちはやみません。ボーカロイド、次回をお楽しみに! テーマ:DTM - ジャンル:音楽

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

シグナスカードゲーム、始動。

皆さん!お久しぶり、紅茶でございます。フラワーマラソンも終わり、お花の写真撮影も一段落。Blogに載せる物がなくなってしまいました。せやけどね、それでいいんです。書きたい時だけBlog書けるってのも結構幸せ。

さて!2016年10月26日付の記事[スタープラネット・ラバー]の記事を皆さん覚えて下さっているでしょうか?

スタープラネットのコンテンツを抹消してしまうくらいならゲーム別にバラバラにして売却してくれたらいいのになと思いますよね・3・僕、買いますよ(キリッ)

カードゲームができないのは寂しいのですが、Unoのようなカードゲームって通信対戦形式でできないんでしょうかね?自分で作れるなら作ってみたいなという欲望が湧いてきています。Ruby on Railsという仕組みでできるとかできないとか…。プログラミングは趣味でちょっとだけやったことはありますが、Rubyは初めて。どうせどこかで挫折するんでしょうけど、もし何かの間違いである程度使い物になる物ができたらその時はよろしくお願いしますw(←何をや!?)

―――スタープラネット・ラバー@一杯の紅茶 より


待たせたな!!!


170805-1.png


毎月10日・20日・30日をカードゲームの日と定めて「TEA TIME MATCH」と題して、晩の時間にスタプラにあったようなカードゲームを[CYGNYS CARD GAME]内で参加者を募ってやってますので僕を知ってる方も知らない方も是非ご来場下さい^^特別なソフトのインストールは不要。ブラウザ(GoogleChrome・firefox対応・IEは非対応)上のJavascriptで動作する"ブラウザゲーム"です。

まさか…こういう形でお披露目できるとは当時は全く思っていませんでした。

*  *  *


2016年10月26日、スタープラネット閉鎖。
世界は闇に包まれた。


スターカードゲーム。それはコンピューター上で動く通信対戦型のゲーム。何で作って、通信機能をどう持たせるか。手元で動くプログラムとサーバーで動くプログラムの2種類が必要になるけど、サーバーってどうやって動かすの?ほとんど右も左も分からないところからのスタートとなりました。

世の中のちょっとした通信対戦型のゲームを作ってる人はどんな枠組みを使ってゲームを開発しているのか。まずはそこから調べることになります。なになに?Ruby on Rails?なんか聞いたことあるぞ。Python?レトレ教授がご専門だったよな?…ということで、色々試してみたんだけどRubyはインストール段階で挫折。PythonはHello world!までは行ったんですが、黒い画面から先の未来が見えない。皆さんに黒い画面で出す手札を数字で入力してもらうわけにいかないのですよ。

結局上級のプログラム言語には手を出せず。さらに調べていくとJavascriptのtmlib.jsという枠組みを使ってゲームが作れるとのこと。さらにさらに、Javascriptのnode.jsという仕組みでチャットが作れるとのこと。

こ、これは…!?

♪ミュージックスタート!
I have a tmlib.js
I have a node.js
アアーッ!
通信対戦型のカードゲーム!?


170805-2.jpg


「組み合わせてみたらどうや?」って話なんですよね。カードにそれぞれ番号を振る。参加者に見立てた配列変数に番号を格納して、チャットシステムで番号をサーバーとクライアントの間でやり取りする。幸いに配列変数の操作命令がカードの挙動によく似てる。配列変数の要素の一つを削除して番号を一つ詰める動作が手札のカードを1枚出す動作に似てます。カードの挙動を完全に数字に置き換えられるんです。「いけるやん、これ!」っていう。

ところが、ゲーム画面の開発に非常に苦労しました。なんせ本格的にJavascriptを扱うのも始めてなら本格的にゲームを作るのも始めて。インターネットで似たようなことで困ってる事例を探して、解決例の変数だけ変えてスクリプトにコピペ。スクリプトはまさしくつぎはぎの例文集。サーバー側とクライアント側のスクリプトで違う例文を参考にしたので使用が微妙に違うことに後から気が付きました。まぁ…プロじゃないので動けばいいのだよ、動けば。

まずは手札のカードの表示から。「21番・5番・47番・89番のカードを表示」みたいな感じで画面にカードが表示できて、上をマウスでなぞったらカードがハイライトできた時は感激しましたね。参加者の手札の枚数やどっち回りかの表示はアニメーションで表示するには当時は技術不足だったので野球のスコアボードみたいな感じで右端に文字で表示するようにしました。自分の描くカードゲーム像がちょっとずつ形になっていきました。

170805-3.png


時に前へ進み、時には1ヶ月ほど休みながらを繰り返して何とか遊べる形になったのでTwitterで仲良くして下さってる方を交えてテストプレイ。参加下さった方から意見を頂いて、反映できるところはゲームに反映していきます。

170805-4.png


自分が運営してるゲームの何がいいかって、自分の痒いところに手が届くこと。本家のゲームからアレンジするところはアレンジ。本家は3-4人でしかプレイできなかったのを2-6人で遊べるようにアレンジ。本家のゲームはTwitterが入ってくる余地がなかったのがTwitterのウインドウを横に表示。技術的な壁はあるのですが、何でも自分の思い通りにできることなんですよね。

一方で難しさもあります。参加者の方々から頂く要望全てを反映させることができない点。何から何まで要望を聞いているとゲームがめちゃくちゃになってしまいますからね。なかなか直らない不具合、特にチャット絡みは結構苦労しました。ゲームを作るのも結構大変なのが身にしみて分かりました。でもゲームを作ってて楽しかったことの方が多いです。途中で経過をBlogで報告したかったのですが、ゲーム制作の方が楽しくてそっちを優先する形にしました。書きたい時にBlogを書くことにしてるのでね(ニヤリ)

ほぼゼロからのスタートで、思えば随分遠くまで来たものです。プログラム言語を勉強して思ったのは、勉強は諦めなければ必ず目指すところへ辿り着けるということ。プログラム言語だろうが英語だろうが数学だろうが、全て人間の作ったルールの上に乗っかっているわけです。一つ一つのパーツに分解して理解すれば絶対全体が理解できるようになってるんですよ。…せやけど2つ目のゲームを作れって言われたらお腹いっぱいやなぁ。

現在は1会場6人収容から4会場24人まで会場を拡張したところで本格運用開始。目標は今年の11月8日のお誕生日会をここですること。まだ拡張したい機能はあるのですが、ぼちぼち行かせて下さい。スターカードゲームを越えろ。今度もちょっとずつではありますが進化を続けていきます。

―――あの日のカードゲームの続きを。もちろん、"いいとも"もありますよ^^

161026-8.png




(お知らせ)
シグナスカードゲーム[CYGNYS CARD GAME]にご参加の希望の方へ。ゲームに関する案内はTwitter[紅茶狩人(@kochan8104)]でハッシュタグ #シグナスカードゲーム で行っております。事前にTwitterもしくはBlogで僕にコンタクト頂けると助かります。このゲーム、誰が来られたのかマジでわからないのでよろしくお願いします。 テーマ:メイプルストーリー - ジャンル:オンラインゲーム

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

アジサイ~蜻蛉池公園・2017~

6月に入り梅雨入りはしたものの、ここまであまり梅雨っぽくない天気が続いている今日のこの頃。梅雨の時期に咲く花といえばアジサイ。アジサイと蛙、アジサイとカタツムリが一緒に写っている雨の写真なんかがありますよね(※今回はありません)。なかなかに不思議な言葉の響きのアジサイの写真を岸和田市は蜻蛉池公園に取りに行って参りました。

バスを降りてまず迎えてくれたのが蜻蛉池公園スポーツハウス前にあるアジサイの鉢植え。…だけどこのアジサイの花時はこれからのようです^^;

P1100193

P1100194

至る所に看板が設置してあって、この看板に従ってドラクエの矢印床のようにあじさい園に導かれていきました。

P1100197

途中、3週間前にバラの写真を撮った場所を通過。もうほとんど華やかなバラの花は終わってしまって寂しい風景と化していました。(最初の写真は3週間前)

P1090878

P1100203

「しゃがんで撮るといいですよ!」何て言っていたつるバラもこの通り。(最初の写真は3週間前)

P1090898

P1100206

ロープに這うようにして咲いていたつるバラも花は残っているものの、花時はもう過ぎていますよね。(最初の写真は3週間前)

P1090906

P1100209

それでも残っているバラは綺麗でした。マクロレンズの出番でっせ^w^背景の木と木の間から青空が見えまっせ^w^

P1100211

バス停からは一番奥の位置に存在するあじさい園。門の石が非常に立派。

P1100214

よく公園の木の陰にあじさいが咲いていたり(蜻蛉池公園も公園なんですが…w)、お寺の境内にアジサイが咲いていたりしますよね。アジサイって少しじめっとした日陰に咲くものだと思っていたのですが…!?あじさい園はまるであじさい畑。これじゃああじさい園じゃなくってあじさい農園だよ><「アジサイって食べられたっけ?」ってなりますよね。

P1100216

こんな光景が眼前に広がってるんです。どう写真に収めるか往生しまっせ…。あじさいが咲いている場所ってさっき書いたように色々あると思うのですが、とにかく広い。

アジサイって赤いアジサイと青いアジサイと白いアジサイがあるくらいで全部一緒と思ってませんか?こちらはパステルカラーのアジサイ。

P1100219

至近距離で寄って虫なんかと一緒に撮るにはマクロレンズが重宝します。梅や桜を撮るのにもマクロレンズが活躍しましたが、アジサイは花の一部を切り取るまた別の活躍のしかたをしますねぇ。水滴まで綺麗に撮れます^^

P1100221

階段になっている横に伸びている道を入ると、違った種類のアジサイ。これはガクアジサイの一種。外側が咲いた後、内側の花が順番にこんな風に咲くのかと思いきや、これはこれで終わりみたいですね。不思議な花です。

P1100240

外側も不思議な構造。

P1100242

こちらはよく見るタイプのアジサイですね。色は白。青にも赤にも染まっていない、白いアジサイです。

P1100251

こちらもよく見るガクアジサイですね。花びらと思っている所は確かガクなんですよね!?

P1100262

そしてあじさい園の奥の奥には斜面に一面アジサイが咲いています。アジサイですよこれ全部!ぼんぼり状に満開です。

P1100274

近くにアジサイ、遠くにもアジサイ。

P1100278

赤いものもあれば、青いものもあり。土の酸性・塩基性によって色が変わるとも言われるので同じ所に赤色や青色の花が咲いているのは不思議な感じがします。アジサイのお世話をされている方のなせる技なのでしょうか!?

P1100280

P1100284

階段の両脇に溢れんばかりにアジサイが咲いています!

P1100287

ハチもアジサイの蜜を集めているようです。お仕事の邪魔をするといけないので、少し離れた所から望遠のレンズで狙います。

P1100300

雨の日のアジサイも綺麗ですが、日が射す下のアジサイも綺麗ですね^^

P1100302

木陰から太陽の光がスポットライトみたいに当たっているところの写真を撮るのが意外に難しい><目で見ていると綺麗なんですが、それをうまく再現するには光が当たっている場所にだけうまくピントを合わせないといけないので難しいですね。光とアジサイもなかなか絵になります。

P1100309

P1100313

こちらはカシワバアジサイ。柏の葉みたいに葉に切れ込みが入って手に近い形になっています。花は球状のぼんぼりみたいな感じではなくってちょっと長細いのが特徴。…なんですけど、立派すぎて下向きカリフラワーみないになってるじゃないですか><

P1100314

アジサイも気をつけて見ると色んな種類があるんですね。今回の写真のアルバムです。

2017-06-08 アジサイ(蜻蛉池公園・大阪府)



Date
2017年6月8日
Location
大阪府岸和田市




蜻蛉池公園公式HP テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

バラ~蜻蛉池公園・2017~

突然ですが、バラって見に行ったことありますか?バラです。自宅の庭にはバラが咲いているのですが、今年は特に綺麗な気がしたのとめちゃくちゃ天気が良かったのでバラを見に行ってきました。行ってきたのは蜻蛉池公園。去年と今年、水仙春待ちまつりに水仙を見に行ってきた場所です。水仙に限らず色々な花が楽しめるみたいで、なかなか写真を撮りに行くにはうってつけの場所です。

バスを降りてまず僕を出迎えてくれたのが公園事務所(?)の入り口の前にあるバラの鉢植え。綺麗にしてあります。何かいっぱい色んな色のバラの花が咲いていてすごい。

P1090866

花を見ると青空を背景に撮りたくなるんですよね~。

P1090871

階段を上って蜻蛉池のほとりへ。ちなみに、カメラを持って僕は水仙の季節以外に蜻蛉池公園に来るのは初めて。水仙の季節には池のほとりにたくさんのカモがいたのですが、今はいないですね。青空を映した静かな池に木々が映っています。

P1090872

これだけでもう別世界に来たような気がします。別世界は…写真の世界かな?こんな写真、よくあるじゃないですか。雲一つない池の写真。こんな天気の日ってホンマにあるんかいなって思いますよね。あるんですよ。

池の周りをぐるっと回ってバラがたくさん咲いているエリアにやってきました。まるで中世ヨーロッパの貴族が住んでるお城の庭にやってきた心地です。ベンチがあるだけでそんな風に思うのがまた不思議。

P1090878

近づいてバラの花の写真を撮りました。これだけバラが咲いていると香りが凄いんですよ。かつてこれだけバラの香りを嗅いだことがないというくらいにバラの香りに包まれていました。なお、香りがするのは大輪のバラだそう。房咲きの中輪のバラは香りがしないそうです。

P1090885

つる薔薇を支柱に這わせてあるのですが、3本並んだつる薔薇。立って撮るとこう。

P1090896

しゃがんで撮るとこうなります。

P1090898

微妙に3本の並びが変わります。これ、しゃがんで撮る方がいいですよね。しゃがむと近くのものはより大きく、遠くのものはより小さく見せる効果があるみたいです。こうちゃんはしゃがんで撮ることを覚えた!

通りをずーっとまっすぐに歩いて行くと、道の両端に綺麗にバラを植えて飾ってあるんです。バラの鎖みたい。足下の植え込みは植え込みでおしゃれに刈り込んであって非常にお洒落でございます。

P1090900

バラのゲートは逆光で撮ると空が白く飛んでしまします。

P1090919

今度は空を青く撮ろうと思うと影の部分が真っ黒になってしまうのをふじまつりで学んだのでこういう時は逆の方向から順光で撮りましょう^w^

P1090945

ゲートの上の方のバラを望遠レンズで撮りました。赤いバラも綺麗ですが、白いバラも青空に映えて非常に綺麗です。

P1090925

中世ヨーロッパの貴族が住んでるお城の庭感を演出しているライオンの置物。近くから広角レンズで撮るとライオンがアップで撮ることができます。

P1090918

遠くから望遠レンズで撮るとライオンはちょいと控えめになります。

P1090954

レンズの焦点距離というよりは、近づい近くからて撮るか離れて遠くから撮るかの違いですね。色々理屈はあるのですが、当たり前の側面でもありますね。

空と池を背景にバラというのも非常に優雅です。

P1090983

あんまりアップで撮ると襲ってきそうで怖い(笑)ファイナルファンタジーかよって話ですが…。

バスが1時間に1本なので急ぎながら斜面になっている上の方から池の方に向かって撮りました。下から撮るより上から撮る方がこれはいいですね。

P1090989

今回の写真のアルバムです。

2017-05-18 バラ(蜻蛉池公園・大阪府)



Date
2017年5月18日
Location
大阪府岸和田市




蜻蛉池公園公式HP テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

和歌山城2017~つつじの名所~

 
♪到着しま~す 和歌山に
環境絶佳 サニーサイド
一生懸命美しく ほんとに 愛が、多すぎる。
とはいえやっぱりココロも大事
イチ ニィ サザン 指さして
GO!




和歌山大学前のふじと台に行く用事があったので、そこから2駅足を伸ばして和歌山市まで足を伸ばして参りました。これで南海体操の歌に出てくる難波・和歌山・高野山の3カ所の写真が揃いました!南海体操のボーカロイドカバー曲を作っても素材は困らないという所まで来ましたぜ!

P1090527

和歌山市駅から出ている南海本線の支線には加太線というものがありまして、そこにはちょっと変わった電車が走っておりましてその名も「めでたい電車」。鯛がモチーフになっています。(こいのぼりじゃないよw)内装も凝っているらしいのですが、出て行く直前だったので前に回って写真を撮る時間もなく後ろからの写真です。

P1090519

加太は新鮮な魚が有名なので、海鮮モノが好きな方は行くとおいしいご飯に巡り会うことができます。けど、僕は海鮮よりはこっち!和歌山といえば和歌山ラーメン。醤油とんこつ味!和歌山ラーメンには流派が複数あってあっさりとこってりのスープがあります。最初は餃子を頼むつもりだったのですが、お店の前に「しらす丼」って書いてある幟(のぼり)が立っていたのでしらす丼を頼むことに。このしらす丼がまたおいしい!素敵なしょうゆ味のしらす丼でした。侮るなかれ、しらす丼うまいよ!

P1090529

ラーメンを食べるだけではつまらないのでラーメン屋さんから少し足を伸ばして和歌山城へ。和歌山市駅周辺で歩いて行ける所でお花の綺麗な所っていうとここぐらいしかないという…。数日前に淡輪につつじを見に行ってきたばかりですが(これに関しては2017年4月29日付の記事[つつじまつり2017(淡輪)])、淡輪では今ひとつつつじの魅力が発揮されていない様子でした。和歌山城はどうかなと思って足を運んだのですが、何だかこちらも今ひとつ。既に花が終わっている部分もあってその部分が見えにくいように方向を考えながら写真を撮ります。

P1090534

少し離れたツツジをレンズの焦点距離を変えて撮影。カメラのレンズのカタログみたいなことをやってますw(2枚の写真を比べてどうのこうのって話はありません^^;)

P1090536

P1090535

和歌山城、お城は小さいのですが侮るなかれ!(※本日2回目)つつじは非常にたくさんの本数が植わっています。それをこれからお見せします!もう石碑の横からつつじたくさん咲いてるやんって言うね…。

P1090542

和歌山城天守閣の南に位置するつつじ園。広いです!

P1090546

ここに植わってるつつじがぎっしりと花を付けて一斉に咲いたらこの場所から見たらすごく綺麗だろうなぁって思うわけですよ。こうやって見ると花時を逸しているわけじゃなくって今年は全国的に花の付きが悪かったんじゃないかという疑惑がわいてきます。広角レンズで奥行き感を出して向こうまでずっとつつじですよという雰囲気をアピール。右側手前は既に花が枯れてるけどな!

P1090550

今回のテーマは前回に引き続き単焦点レンズをうまく使いこなすこと。

P1090563

いつも散歩に持って行っているレンズで写真を撮るのですが、カメラを覗くといつもの変わり映えしない視界が広がってるんですよね。この枠(視界)の制限の中でどこを撮ろうかなって。本当は望遠ズームレンズを使う中で「ここで代打・単焦点レンズ!」みたいな感じで使いたいのに、何だか不自由してます。

つつじ園の中にふじが咲いていました。ふじは中望遠単焦点で綺麗に撮れました(にっこり) でもやっぱりふじはふじまつり!色づきが全然違います。

P1090589

動き回るハチはなかなかうまく撮れません><

P1090583

お城の中には紅葉渓庭園(もみじだにていえん)という庭園があって、和風建築物とつつじというのもなかなかに綺麗。

P1090600

P1090603

つつじ園と並んでもう一カ所和歌山城内でつつじが咲いているのが二の丸庭園。淡輪のつつじと違って綺麗に刈り込まれています。

P1090609

梅・桜・ふじ・つつじと写真を撮ってきましたが、それぞれに木や花の形が違うので使うレンズや構図が全然違いますね。つつじは背景にお城なんかを入れるのは非常に難しいですね。面白い写真を撮るのはこの中ではつつじが一番難しいかもしれません。

外から和歌山城が見える場所があったので写真を撮ってきました。双眼鏡を覗いている人まで見えるってミラーレス一眼カメラすげー!

P1090633

最後は近所で咲いているアヤメ。もう少ししたら菖蒲やらカキツバタやらが咲き始めますね。

P1090646

今回の和歌山城の写真アルバムです。

2017-05-03 和歌山城(つつじ)



Date
2017年5月3日
Location
和歌山県和歌山市


テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

// HOME //  NEXT
ご案内

一杯の紅茶(FC2)

メイプルストーリーやその他はボーカロイドなどの記事を掲載。

一杯の紅茶(Tumblr)

iPhoneやミラーレス一眼で撮った写真を掲載。写真共有サービス[フォト蔵]とのリンク投稿もあり。

紅茶のつぶやき

叙事詩&Blogの歴史

(Blog・途中73日間の中断あり)

最近の記事


    月別アーカイブ


    08(2)  06(1)  05(2)  04(7)  02(1)  01(5)  12(3)  11(3)  10(1)  07(5)  06(10)  05(4)  04(1)  03(6)  02(5)  01(5)  12(4)  11(11)  10(4)  09(5)  08(16)  07(2)  06(13)  05(15)  04(18)  03(18)  02(30)  01(18)  12(13)  11(10)  10(8)  09(11)  08(14)  07(12)  06(9)  05(8)  04(12)  03(11)  02(9)  01(13)  12(15)  11(17)  10(17)  09(13)  08(13)  07(11)  06(11)  05(16)  04(9)  03(13)  02(14)  01(9)  12(16)  11(9)  10(12)  09(12)  08(15)  07(14)  06(11)  05(13)  04(12)  03(12)  02(14)  01(11)  12(13)  11(14)  10(17)  09(15)  08(14)  07(15)  06(14)  05(14)  04(13)  03(13)  02(14)  01(15)  12(15)  11(17)  10(16)  09(18)  08(20)  07(21)  06(17)  05(16)  04(20)  03(13)  02(20)  01(20)  12(24)  11(21)  10(21)  09(18)  08(17)  07(22)  06(20)  05(19)  04(12)  03(15)  02(15)  01(14)  12(16)  11(20)  10(16)  09(16)  08(13)  07(17)  06(17)  05(20)  04(19)  03(30)  02(28)  01(31)  12(31)  11(26) 

    Access Counter

    Vocaloid on YouTube

    ブログ内検索

    一杯の紅茶@Mobile

    Special Thanks To


    Art Link Project



    怜雫様(MapleName:聖漣)

    柊乃様(MapleName:甘春)

    ラルミット様

    海結丹弥(みゅーにゃ)様
    (MapleName:貼帆)

    黎明の地平様

    響木様

    べに桜様
    (MapleName:柚木園紅花)

    空雪様
    (MapleName:絶砕月)

    安くて旨いっ様

    婆娑羅桜火様

    羅紅様

    ミライム様

    星空セレネ様

    Can小梅様

    Sound Link Project



    Y川様(MapleName:寄り道娘)

    okarine様

    Wesbor様

    新着Blog情報

    Powered By 画RSS