ミラーレス一眼カメラで撮影した写真にまつわる等身大のストーリー

今回の絵を通じて学びたいこと(2019-08-13版)

チャラ・ザ・ワールドの絵を描き終わって、今日がまた終わりの始まり。漫然と絵を描きたくないので多くの絵を描く前に「この絵で学びたいこと」という項目をTwitterで書くのですが、今回はちょっと長くなりそうなのでBlogにまとめることにしました。異例のBlog記事です(笑)長い期間かけて絵を描いているとつい最初に立てた志みたいなのを忘れちゃうんですよね。迷った時に、またここに戻ってきて自分が何をしたかったかを確かめられるように。

今回描けるようになりたい項目、2つあるんです。

・イキイキした絵/躍動感のある絵を描けるようになりたい
・"意味のある"下描きを描けるようになりたい


「イキイキした絵/躍動感のある絵を描けるようになりたい」というのは今回に限った話ではないですし、ハッキリ言って今回描きたい絵は今まで通り下描きなしで描いても多分描けるんですけどね^^;では順番に見ていきましょう。

イキイキした絵/躍動感のある絵を描けるようになりたい


先日のワンドロで本来はオーラが漂っているはずの怖い顔のカヤ様がただのおじーちゃんになってしまったのでもっとインパクトのある顔を描けるようになりたいなというのが実は出発点。



我々、他の方の絵を目にする機会というのが圧倒的に多いです。その中で「躍動感が伝わってくるポーズ」「イキイキ感が伝わってくる表情」を目にすること、ありますよね。そのカラクリってどこにあるのかなっていうのが気になっています。たぶんポージングに関しては"対称性のズレ"がキーになってるのではないかなと睨んでいます。表情に関してはパーツの形のバリエーションを増やすこと。正直口なんか2種類しか描けない気がするのでこの辺バリエーションを増やすともっと画面の向こうのキャラクターが色々やってくれるようになるかなと信じています。[イラストで人を描くときに考えたい口の絵柄と表情のいろいろ@イラストで人を描くときに考えたい口の絵柄と表情のいろいろ]なんてサイトもあるのでこのあたりも参考に。

でもね、なかなか「躍動感が伝わってくるポーズ」「イキイキ感が伝わってくる表情」って描けないのでとりあえずは「『集合写真風の集合絵』というスタンスでは描かない」というコンセプトで行く所から始めたいと思います。


"意味のある"下描きを描けるようになりたい


下描きするのは去年のボーカロイドの初音ミクの絵以来でしょうかね?下描きを描いても下描き無視しちゃうんですよね。「ほな下描きなくてもええやん」って感じでベクターから線を錬成しております。たぶん"意味のある"下描きが描けてないんですよね。

下描きって完成の絵では見えてないじゃないですか。下描き描けなくてもそんなに困ってないのがぶっちゃけた正直な所。でも下描きが描けるようになったお絵かきの世界を見てみたいというのがあるんですよね。たぶん時短になると思います。それ以上はどんなことが起こるかは想像できないですね…。カラダのパーツのアタリの取り方、何種類かあるそうでどの方法がどんなメリットとデメリットがあるのか、自分にはどれが合うのかというのを研究してみたいわけです。([【体の描き方(基本編)】これから絵を描き始める人へ その5@萌えぷら]あたりを参考に…。)それと共に、下描き的なベクターレイヤーの扱い方にも慣れてみたい。

今回は別に下描きなしでいつものようにベクター線から線画を捻りだしても構わない?そうかもしれません。あえて今回挑戦する意味ってないかもしれないんですけど、下描きで一通り描けば全体が見えますよね。ベクターから線画を錬成する方法では全体が見えません。そう考えると絵の全体を眺めるという意味でも、先のポーズや表情を研究するという意味でも今回挑戦する意義が見えてくるような気がします。下描きができるようになって模写の精度が上がらないかなと期待もしていますw

ワンドロの枠も使って下描き的なラスターレイヤーの扱い方を練習してもいいかもしれません。

*  *  *


そうそう、題材は最近ハマってるドラクエ5で行こうかなと思ってます。ドラクエ5の絵は初挑戦です^w^

まとめます!ツリー展開!いつもの文言も追加しておこう!

~今回の絵を通じて学びたいこと~
☆イキイキした絵/躍動感のある絵を描けるようになりたい
├「躍動感が伝わってくるポーズ」「イキイキ感が伝わってくる表情」とは何か研究する!
└まずは集合写真風の絵から脱出しようぜ^w^

☆"意味のある"下描きを描けるようになりたい
├作業の時短とか色々いいことありそう!?
├自分流アタリの取り方を研究する!
├下描き的ベクターレイヤーの扱いに慣れる!
└模写技術の向上に繋がればいいね!

☆今回の絵の題材はドラクエ5(※初挑戦)
☆転んでも泣かない!
☆研究の域から出ずに形にならなかったらごめんなさい!

はいっ!ということでいってらっしゃいこうちゃん!道に迷ったらここに戻って来るんやで!

関連記事

関連記事では前後に更新した同じジャンルの記事をお読み頂けます。
  • 今回の絵を通じて学びたいこと(2019-08-13版) (2019/08/13) 【現在お読みの記事】

チャラ・ザ・ワールド

 
190812-1.png
(クリックでpixivへ移動します)


きにしすぎると おとなになっちゃうよ


NHKアニメ「オトッペ」のエンディングテーマ「チャラ・ザ・ワールド」の一場面の模写です。

いや~、大変でした。辛く長い道のりになるのは覚悟していたのですが、色塗りにここまでかかるとは思っていませんでした。ハナビート(絵の右側のキャラクター)複雑すぎィ!!できるだけ単純な絵を選んだつもりだったのですが、大変な負担でした。自分ではこういう細かい長い道のりの作業は得意と思っていたにもかかわらず。

でもね…反省は「もっと簡単な絵を選びましょう」ではなくて、「違い(=進捗状況)の分かる大まかな所から塗っていきましょう」ということなんです。まだ工事が未完成な所が明らかにあるのに細部を塗っても「昨日から全然変わってないやん!」という話になって発狂しちゃうわけです。囲碁なんかでも最初に大まかな陣取りをして最後に寄せますよね。それと一緒。お絵かきも大まかな所から作っていって、細かい所は最後に仕上げる。これが大事だと悟りました。これは絶対守らないと無駄にマナを消費することになります。

今回は「線画のない絵を描きたい」「CG風の着彩をしたい」ということでこの絵を選びました。線画のない絵を描くということには2年前にも挑戦したんですよ。(これについては2017年12月15日付の記事[シーナ]をご覧下さい。)

190812-2.jpg


黒い線画の間がどうしてもうまく処理できなくてこの時は線画のない絵を諦めたんですよね。時は流れてソフトはInkscapeからClipstudioへ。今回は線画も含めたベースのレイヤーを作ってべた塗りレイヤーでクリッピングする手法で色を置いて、ベクターレイヤーでシャドーとハイライトを付けました。ぶっちゃけべた塗りレイヤーを使う意味ってなかったなと思いますが、この技術はきっとどこか別の場所で役に立つと信じています。(グリザイユ画法で白黒に色を付ける時に使えるんちゃうんかなと思ってます^w^)模写をするに当たってシャドーとして正しい場所を塗らないといけないのはもちろんのことなのですが、色相と明度・彩度もあわせないといけないのでアニメ塗りの絵を模写するのとは難易度が全然違います。

今回は下描きなしでの挑戦。(下描きしてない方が僕は多いのですが…下描きは苦手です;;)どこかから模写を始めるわけですが、だんだん描き進めていくと誤差が大きくなっていって原画からズレていくんですね。この辺はある程度仕方が無いかなと思っています。きっちりうり二つのものを描きたければトレースすればいいわけですから。でも下描きをして全体を見ながら描ける技術を身につければさらに精度高く模写できるのではないかと思っています。

そして、線画の段階では原画と変わりなく描けてそうな気がしていても色を塗ると線を面で捉えることができるので原画との違いに気が付くこともあります。時々白黒で下描きを色まで塗ってる方いらっしゃるのですが、あんな風に下描きできればこれももっと精度高く模写できるのではないかと思います。いずれにせよ下描きの技術を身につけなければこの方法では模写の精度には限界があるんじゃないかなと考えている今日この頃です。

下描き、一番アナログっぽい行程なんで苦手なんですよね。まぁまぁ、一番最初の行程が苦手なので後ろでカバーできるのでまだ幸せかなと思いますね。これが線画が苦手ですとか着彩が苦手ですなんていう話になると目も当てられない;;

2年前に比べて参考資料を観察する力は付いています。エアブラシで絵を立体的に見せる力も前回の絵と今回の絵を通じて付きました。模写力を高めればすっぴんでは何も描けなくても資料さえあればどんな絵でも描けるはずなので模写力と資料を探す力の2つを付けたいですね。お絵かきの旅はまだまだ続きます。



(メイキング画像)
Tumblrにメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞ。

線画編
色塗り編(1)
色塗り編(2) テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

関連記事

関連記事では前後に更新した同じジャンルの記事をお読み頂けます。
  • チャラ・ザ・ワールド (2019/08/12) 【現在お読みの記事】

パプリカ

7月になりました。ボーカロイドの季節がやって来ました。今年の課題曲は「パプリカ」。NHKでは来年の東京オリンピックに向けて「2020応援ソング」と題してこの曲でオリンピックを盛り上げていますよね。作詞・作曲はあの米津玄師です。



去年の「キヲク」とは正反対に、今年は準備も何もしていない状態で挑みました。私生活の方も色々ありまして気分が落ち込んだり不安になったりする毎日でした(一応過去形)。そんな中で「あしたにたねをまこう!」をキャッチフレーズに少しずつ作っていきました。絵柄もろくに構想してなくて、落ち着く所に落ち着いた感じ。まぁ…いいんじゃないでしょうか。カラオケを作るのはオレ、ボーカロイドを作るのもオレ、絵を描くのもオレ、動画を編集するのもオレ。よく頑張ったと思います。

自分で絵が描けると色々と都合がいいですね^w^

関連記事

関連記事では前後に更新した同じジャンルの記事をお読み頂けます。
  • パプリカ (2019/07/03) 【現在お読みの記事】

Let's go to the sea!! 

梅雨明けはまだなのですが、夏っぽいイラストを描きたいと去年から思ってて描いた一枚。

190701-1.png


資料から離れてしまうと途端にうまく描けなくなってしまうのが分かっているので、念入りに色々な資料を用意しました。

190701-2.png

3Dデッサン人形でポーズをしっかり決めてしまえばあとはこの角度で各体のパーツを描いていけばいい感じに整うんじゃないかと思って描き始めたのですがなかなかうまく行かず。単に線の角度を保ったままでは体がマッチョになったりするんですよね。その筋肉をそぎ落とすのがまた大変。水着なだけにごまかしが利きません。

そしてこの絵、色々な難しさがぎゅっと凝縮されてて線画は困難を極めました。

・ククリちゃんの足どっち向いてるねん!
・なんでフリルの水着やねん!
・なんで斜め下向いてるねん!
・ドーナツ編みどう描いたらええねん!
・なんで裸足やねん!(←足を描くのが苦手)

途中で諦めようかなと思ったのですが粘って粘って描き上げました。この粘りは努力賞ものだと思いますよ^^

着彩は3Dデッサン人形を見ながら影を付けました。順光の場合は後にあるもの(凹んでいる物)に影を付けるのが大原則。線画は色んな画像を参考に描けば何とかなります。しかし着彩は参考にする資料がないので困っていたのですが、3Dデッサン人形を資料として味方に付けられたのは大きいですね。資料を見る目も徐々に付いてきてうまく塗ることができた気がします。

徐々に絵を描くスキルが身についてきた中で21コマを使って描いた今回の絵。「てこずらせやがって」という感じなのですが、いい経験になりました。お絵かきレベルが3つぐらい上がった気がします!



(メイキング画像)
Tumblrにメイキング画像をアップロードしておりますので興味のある方はどうぞ。

線画編(1)
線画編(2)
色塗り編

関連記事

関連記事では前後に更新した同じジャンルの記事をお読み頂けます。
  • Let's go to the sea!!  (2019/07/01) 【現在お読みの記事】

ショウブ&アジサイ2019~山田池公園~

次第に季節が前へ進み雨の日が多くなってきましたが、天気のいい日を選んでちょっとお出かけ。今回は大阪府枚方市の山田池公園に行ってきました。6月と言えばアジサイ。…なのですが、ショウブの花も一緒に見られる所ということでここに決めました。本来はショウブの花はアジサイの前、5月下旬頃が見頃なのですが、ワタクシ時期を間違えておりまして^^;そんなうっかりさんのための山田池公園であります。

山田池公園、看板は立っているのですが外観は森。「え、これここ公園なん?」という感じです。

P1190140
P1190140 posted by (C)紅茶狩人

外観は森だけあって、中に入るとマイナスイオンたっぷり。深呼吸してマイナスイオンを補給です。菖蒲園に行くまでの道にも紫陽花が植わっていて、前の日が雨だったので雨粒に塗れたアジサイが非常に綺麗。マクロレンズの出番です。(…と言いながらこの写真マクロレンズで撮ったかなという^^;)

P1190149
P1190149 posted by (C)紅茶狩人

アジサイと後の石畳やベンチを一緒に入れるとちょっとお洒落。

P1190147
P1190147 posted by (C)紅茶狩人

公園の構造としては池の周りに自然が広がっているという意味では蜻蛉池公園によく似ています。池をぐるっと回るようにして菖蒲園に。結構広い。

P1190157
P1190157 posted by (C)紅茶狩人

札が立っていて花の種類が書いてあるのはどこでも一緒ですよね。

P1190169
P1190169 posted by (C)紅茶狩人

菖蒲園は水があって、かつ天気がいいので「水鏡」が使えます!青空は上の方で写真に入らないなんて時に水の反射を使って青空を表現。結構気に入っている技法です。

P1190172
P1190172 posted by (C)紅茶狩人

P1190181
P1190181 posted by (C)紅茶狩人

P1190190
P1190190 posted by (C)紅茶狩人

水鏡を使わずとも、僕は水と一緒に花の写真を撮るのも結構好きでね。

P1190198
P1190198 posted by (C)紅茶狩人

P1190203
P1190203 posted by (C)紅茶狩人

小高くなっている所から下を見ろした写真。通路のウネウネがすごい奥行き感を演出しています。

P1190213
P1190213 posted by (C)紅茶狩人

あじさい園に行くまでにアジサイが咲いてるのも撮るのですが、日が当たってる所とそうじゃない所が肉眼では綺麗に見えるのですが写真ではなかなか表現できないのが難しい所。

P1190216
P1190216 posted by (C)紅茶狩人

あじさい園も結構広いけど、蜻蛉池公園よりは狭い。

P1190247
P1190247 posted by (C)紅茶狩人

アジサイってその大きさからなかなか青空を入れたりすることが難しいんですよね。花は色々あるんですが、ショウブほどは色々な撮り方のバリエーションってないような気がします。

P1190268
P1190268 posted by (C)紅茶狩人

そんな中で、アジサイを下から撮って青空を入れてみました。これ、なかなか面白いね。

P1190280
P1190280 posted by (C)紅茶狩人

公園の外にて。舞洲のゆり園は消滅しちゃってるのですが、どこかにゆりを見に行けるかな?

P1190282
P1190282 posted by (C)紅茶狩人

今回のアルバムです。

2019-06-16 ショウブ&アジサイ(山田池公園・大阪府)
2019-06-16 ショウブ&アジサイ(山田池公園・大阪府) by (C)紅茶狩人



(番外編)
写真って、絵と違ってありのままを写すものだと思ってません?こちらは昼食に食べた辛いラーメンの写真。違うモードで同じラーメンの写真を撮ったのですが、印象が全然違いますよね。

P1190286
P1190286 posted by (C)紅茶狩人

P1190288
P1190288 posted by (C)紅茶狩人

写真も"盛ること"が許される「芸術」なのです。ちなみに、このラーメンは何とか完食できましたが辛かったです!!!

そしてそして、南海電車9000系改装車の「マイトレイン」を目撃。またややこしいのが一つ増えたなという印象。

P1190295
P1190295 posted by (C)紅茶狩人



Date
2019年6月16日
Location
大阪府枚方市




大阪府営 山田池公園ホームページ
テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

関連記事

関連記事では前後に更新した同じジャンルの記事をお読み頂けます。
  • ショウブ&アジサイ2019~山田池公園~ (2019/06/16) 【現在お読みの記事】
// HOME //  NEXT
ご案内

一杯の紅茶(FC2)

ボーカロイドやお絵かき、ミラーレス一眼カメラで撮った写真などの記事を掲載。

一杯の紅茶(Tumblr)

写真の簡易投稿やお絵かき(製作過程)、ボーカロイド(簡易作品)の投稿などを掲載。

紅茶のつぶやき

叙事詩&Blogの歴史

(Blog・途中73日間の中断あり)

月別アーカイブ


08(2)  07(2)  06(1)  05(3)  07(2)  06(2)  05(1)  04(1)  03(1)  02(1)  01(3)  12(2)  11(2)  10(2)  09(2)  08(2)  06(1)  05(2)  04(7)  02(1)  01(5)  12(3)  11(3)  10(1)  07(5)  06(10)  05(4)  04(1)  03(6)  02(5)  01(5)  12(4)  11(11)  10(4)  09(5)  08(16)  07(2)  06(13)  05(15)  04(18)  03(18)  02(30)  01(18)  12(13)  11(10)  10(8)  09(11)  08(14)  07(12)  06(9)  05(8)  04(12)  03(11)  02(9)  01(13)  12(15)  11(17)  10(17)  09(13)  08(13)  07(11)  06(11)  05(16)  04(9)  03(13)  02(14)  01(9)  12(16)  11(9)  10(12)  09(12)  08(15)  07(14)  06(11)  05(13)  04(12)  03(12)  02(14)  01(11)  12(13)  11(14)  10(17)  09(15)  08(14)  07(15)  06(14)  05(14)  04(13)  03(13)  02(14)  01(15)  12(15)  11(17)  10(16)  09(18)  08(20)  07(21)  06(17)  05(16)  04(20)  03(13)  02(20)  01(20)  12(24)  11(21)  10(21)  09(18)  08(17)  07(22)  06(20)  05(19)  04(12)  03(15)  02(15)  01(14)  12(16)  11(20)  10(16)  09(16)  08(13)  07(17)  06(17)  05(20)  04(19)  03(30)  02(28)  01(31)  12(31)  11(26) 

Access Counter

Vocaloid on YouTube

ブログ内検索

一杯の紅茶@Mobile

Special Thanks To


Art Link Project



怜雫様(MapleName:聖漣)

柊乃様(MapleName:甘春)

ラルミット様

海結丹弥(みゅーにゃ)様
(MapleName:貼帆)

黎明の地平様

響木様

べに桜様
(MapleName:柚木園紅花)

空雪様
(MapleName:絶砕月)

安くて旨いっ様

婆娑羅桜火様

羅紅様

ミライム様

星空セレネ様

Can小梅様

Sound Link Project



Y川様(MapleName:寄り道娘)

okarine様

Wesbor様