ミラーレス一眼カメラで撮影した写真にまつわる等身大のストーリー

アジサイ~蜻蛉池公園・2017~

6月に入り梅雨入りはしたものの、ここまであまり梅雨っぽくない天気が続いている今日のこの頃。梅雨の時期に咲く花といえばアジサイ。アジサイと蛙、アジサイとカタツムリが一緒に写っている雨の写真なんかがありますよね(※今回はありません)。なかなかに不思議な言葉の響きのアジサイの写真を岸和田市は蜻蛉池公園に取りに行って参りました。

バスを降りてまず迎えてくれたのが蜻蛉池公園スポーツハウス前にあるアジサイの鉢植え。…だけどこのアジサイの花時はこれからのようです^^;

P1100193

P1100194

至る所に看板が設置してあって、この看板に従ってドラクエの矢印床のようにあじさい園に導かれていきました。

P1100197

途中、3週間前にバラの写真を撮った場所を通過。もうほとんど華やかなバラの花は終わってしまって寂しい風景と化していました。(最初の写真は3週間前)

P1090878

P1100203

「しゃがんで撮るといいですよ!」何て言っていたつるバラもこの通り。(最初の写真は3週間前)

P1090898

P1100206

ロープに這うようにして咲いていたつるバラも花は残っているものの、花時はもう過ぎていますよね。(最初の写真は3週間前)

P1090906

P1100209

それでも残っているバラは綺麗でした。マクロレンズの出番でっせ^w^背景の木と木の間から青空が見えまっせ^w^

P1100211

バス停からは一番奥の位置に存在するあじさい園。門の石が非常に立派。

P1100214

よく公園の木の陰にあじさいが咲いていたり(蜻蛉池公園も公園なんですが…w)、お寺の境内にアジサイが咲いていたりしますよね。アジサイって少しじめっとした日陰に咲くものだと思っていたのですが…!?あじさい園はまるであじさい畑。これじゃああじさい園じゃなくってあじさい農園だよ><「アジサイって食べられたっけ?」ってなりますよね。

P1100216

こんな光景が眼前に広がってるんです。どう写真に収めるか往生しまっせ…。あじさいが咲いている場所ってさっき書いたように色々あると思うのですが、とにかく広い。

アジサイって赤いアジサイと青いアジサイと白いアジサイがあるくらいで全部一緒と思ってませんか?こちらはパステルカラーのアジサイ。

P1100219

至近距離で寄って虫なんかと一緒に撮るにはマクロレンズが重宝します。梅や桜を撮るのにもマクロレンズが活躍しましたが、アジサイは花の一部を切り取るまた別の活躍のしかたをしますねぇ。水滴まで綺麗に撮れます^^

P1100221

階段になっている横に伸びている道を入ると、違った種類のアジサイ。これはガクアジサイの一種。外側が咲いた後、内側の花が順番にこんな風に咲くのかと思いきや、これはこれで終わりみたいですね。不思議な花です。

P1100240

外側も不思議な構造。

P1100242

こちらはよく見るタイプのアジサイですね。色は白。青にも赤にも染まっていない、白いアジサイです。

P1100251

こちらもよく見るガクアジサイですね。花びらと思っている所は確かガクなんですよね!?

P1100262

そしてあじさい園の奥の奥には斜面に一面アジサイが咲いています。アジサイですよこれ全部!ぼんぼり状に満開です。

P1100274

近くにアジサイ、遠くにもアジサイ。

P1100278

赤いものもあれば、青いものもあり。土の酸性・塩基性によって色が変わるとも言われるので同じ所に赤色や青色の花が咲いているのは不思議な感じがします。アジサイのお世話をされている方のなせる技なのでしょうか!?

P1100280

P1100284

階段の両脇に溢れんばかりにアジサイが咲いています!

P1100287

ハチもアジサイの蜜を集めているようです。お仕事の邪魔をするといけないので、少し離れた所から望遠のレンズで狙います。

P1100300

雨の日のアジサイも綺麗ですが、日が射す下のアジサイも綺麗ですね^^

P1100302

木陰から太陽の光がスポットライトみたいに当たっているところの写真を撮るのが意外に難しい><目で見ていると綺麗なんですが、それをうまく再現するには光が当たっている場所にだけうまくピントを合わせないといけないので難しいですね。光とアジサイもなかなか絵になります。

P1100309

P1100313

こちらはカシワバアジサイ。柏の葉みたいに葉に切れ込みが入って手に近い形になっています。花は球状のぼんぼりみたいな感じではなくってちょっと長細いのが特徴。…なんですけど、立派すぎて下向きカリフラワーみないになってるじゃないですか><

P1100314

アジサイも気をつけて見ると色んな種類があるんですね。今回の写真のアルバムです。

2017-06-08 アジサイ(蜻蛉池公園・大阪府)



Date
2017年6月8日
Location
大阪府岸和田市




蜻蛉池公園公式HP テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

バラ~蜻蛉池公園・2017~

突然ですが、バラって見に行ったことありますか?バラです。自宅の庭にはバラが咲いているのですが、今年は特に綺麗な気がしたのとめちゃくちゃ天気が良かったのでバラを見に行ってきました。行ってきたのは蜻蛉池公園。去年と今年、水仙春待ちまつりに水仙を見に行ってきた場所です。水仙に限らず色々な花が楽しめるみたいで、なかなか写真を撮りに行くにはうってつけの場所です。

バスを降りてまず僕を出迎えてくれたのが公園事務所(?)の入り口の前にあるバラの鉢植え。綺麗にしてあります。何かいっぱい色んな色のバラの花が咲いていてすごい。

P1090866

花を見ると青空を背景に撮りたくなるんですよね~。

P1090871

階段を上って蜻蛉池のほとりへ。ちなみに、カメラを持って僕は水仙の季節以外に蜻蛉池公園に来るのは初めて。水仙の季節には池のほとりにたくさんのカモがいたのですが、今はいないですね。青空を映した静かな池に木々が映っています。

P1090872

これだけでもう別世界に来たような気がします。別世界は…写真の世界かな?こんな写真、よくあるじゃないですか。雲一つない池の写真。こんな天気の日ってホンマにあるんかいなって思いますよね。あるんですよ。

池の周りをぐるっと回ってバラがたくさん咲いているエリアにやってきました。まるで中世ヨーロッパの貴族が住んでるお城の庭にやってきた心地です。ベンチがあるだけでそんな風に思うのがまた不思議。

P1090878

近づいてバラの花の写真を撮りました。これだけバラが咲いていると香りが凄いんですよ。かつてこれだけバラの香りを嗅いだことがないというくらいにバラの香りに包まれていました。なお、香りがするのは大輪のバラだそう。房咲きの中輪のバラは香りがしないそうです。

P1090885

つる薔薇を支柱に這わせてあるのですが、3本並んだつる薔薇。立って撮るとこう。

P1090896

しゃがんで撮るとこうなります。

P1090898

微妙に3本の並びが変わります。これ、しゃがんで撮る方がいいですよね。しゃがむと近くのものはより大きく、遠くのものはより小さく見せる効果があるみたいです。こうちゃんはしゃがんで撮ることを覚えた!

通りをずーっとまっすぐに歩いて行くと、道の両端に綺麗にバラを植えて飾ってあるんです。バラの鎖みたい。足下の植え込みは植え込みでおしゃれに刈り込んであって非常にお洒落でございます。

P1090900

バラのゲートは逆光で撮ると空が白く飛んでしまします。

P1090919

今度は空を青く撮ろうと思うと影の部分が真っ黒になってしまうのをふじまつりで学んだのでこういう時は逆の方向から順光で撮りましょう^w^

P1090945

ゲートの上の方のバラを望遠レンズで撮りました。赤いバラも綺麗ですが、白いバラも青空に映えて非常に綺麗です。

P1090925

中世ヨーロッパの貴族が住んでるお城の庭感を演出しているライオンの置物。近くから広角レンズで撮るとライオンがアップで撮ることができます。

P1090918

遠くから望遠レンズで撮るとライオンはちょいと控えめになります。

P1090954

レンズの焦点距離というよりは、近づい近くからて撮るか離れて遠くから撮るかの違いですね。色々理屈はあるのですが、当たり前の側面でもありますね。

空と池を背景にバラというのも非常に優雅です。

P1090983

あんまりアップで撮ると襲ってきそうで怖い(笑)ファイナルファンタジーかよって話ですが…。

バスが1時間に1本なので急ぎながら斜面になっている上の方から池の方に向かって撮りました。下から撮るより上から撮る方がこれはいいですね。

P1090989

今回の写真のアルバムです。

2017-05-18 バラ(蜻蛉池公園・大阪府)



Date
2017年5月18日
Location
大阪府岸和田市




蜻蛉池公園公式HP テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

和歌山城2017~つつじの名所~

 
♪到着しま~す 和歌山に
環境絶佳 サニーサイド
一生懸命美しく ほんとに 愛が、多すぎる。
とはいえやっぱりココロも大事
イチ ニィ サザン 指さして
GO!




和歌山大学前のふじと台に行く用事があったので、そこから2駅足を伸ばして和歌山市まで足を伸ばして参りました。これで南海体操の歌に出てくる難波・和歌山・高野山の3カ所の写真が揃いました!南海体操のボーカロイドカバー曲を作っても素材は困らないという所まで来ましたぜ!

P1090527

和歌山市駅から出ている南海本線の支線には加太線というものがありまして、そこにはちょっと変わった電車が走っておりましてその名も「めでたい電車」。鯛がモチーフになっています。(こいのぼりじゃないよw)内装も凝っているらしいのですが、出て行く直前だったので前に回って写真を撮る時間もなく後ろからの写真です。

P1090519

加太は新鮮な魚が有名なので、海鮮モノが好きな方は行くとおいしいご飯に巡り会うことができます。けど、僕は海鮮よりはこっち!和歌山といえば和歌山ラーメン。醤油とんこつ味!和歌山ラーメンには流派が複数あってあっさりとこってりのスープがあります。最初は餃子を頼むつもりだったのですが、お店の前に「しらす丼」って書いてある幟(のぼり)が立っていたのでしらす丼を頼むことに。このしらす丼がまたおいしい!素敵なしょうゆ味のしらす丼でした。侮るなかれ、しらす丼うまいよ!

P1090529

ラーメンを食べるだけではつまらないのでラーメン屋さんから少し足を伸ばして和歌山城へ。和歌山市駅周辺で歩いて行ける所でお花の綺麗な所っていうとここぐらいしかないという…。数日前に淡輪につつじを見に行ってきたばかりですが(これに関しては2017年4月29日付の記事[つつじまつり2017(淡輪)])、淡輪では今ひとつつつじの魅力が発揮されていない様子でした。和歌山城はどうかなと思って足を運んだのですが、何だかこちらも今ひとつ。既に花が終わっている部分もあってその部分が見えにくいように方向を考えながら写真を撮ります。

P1090534

少し離れたツツジをレンズの焦点距離を変えて撮影。カメラのレンズのカタログみたいなことをやってますw(2枚の写真を比べてどうのこうのって話はありません^^;)

P1090536

P1090535

和歌山城、お城は小さいのですが侮るなかれ!(※本日2回目)つつじは非常にたくさんの本数が植わっています。それをこれからお見せします!もう石碑の横からつつじたくさん咲いてるやんって言うね…。

P1090542

和歌山城天守閣の南に位置するつつじ園。広いです!

P1090546

ここに植わってるつつじがぎっしりと花を付けて一斉に咲いたらこの場所から見たらすごく綺麗だろうなぁって思うわけですよ。こうやって見ると花時を逸しているわけじゃなくって今年は全国的に花の付きが悪かったんじゃないかという疑惑がわいてきます。広角レンズで奥行き感を出して向こうまでずっとつつじですよという雰囲気をアピール。右側手前は既に花が枯れてるけどな!

P1090550

今回のテーマは前回に引き続き単焦点レンズをうまく使いこなすこと。

P1090563

いつも散歩に持って行っているレンズで写真を撮るのですが、カメラを覗くといつもの変わり映えしない視界が広がってるんですよね。この枠(視界)の制限の中でどこを撮ろうかなって。本当は望遠ズームレンズを使う中で「ここで代打・単焦点レンズ!」みたいな感じで使いたいのに、何だか不自由してます。

つつじ園の中にふじが咲いていました。ふじは中望遠単焦点で綺麗に撮れました(にっこり) でもやっぱりふじはふじまつり!色づきが全然違います。

P1090589

動き回るハチはなかなかうまく撮れません><

P1090583

お城の中には紅葉渓庭園(もみじだにていえん)という庭園があって、和風建築物とつつじというのもなかなかに綺麗。

P1090600

P1090603

つつじ園と並んでもう一カ所和歌山城内でつつじが咲いているのが二の丸庭園。淡輪のつつじと違って綺麗に刈り込まれています。

P1090609

梅・桜・ふじ・つつじと写真を撮ってきましたが、それぞれに木や花の形が違うので使うレンズや構図が全然違いますね。つつじは背景にお城なんかを入れるのは非常に難しいですね。面白い写真を撮るのはこの中ではつつじが一番難しいかもしれません。

外から和歌山城が見える場所があったので写真を撮ってきました。双眼鏡を覗いている人まで見えるってミラーレス一眼カメラすげー!

P1090633

最後は近所で咲いているアヤメ。もう少ししたら菖蒲やらカキツバタやらが咲き始めますね。

P1090646

今回の和歌山城の写真アルバムです。

2017-05-03 和歌山城(つつじ)



Date
2017年5月3日
Location
和歌山県和歌山市


テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

つつじまつり2017(淡輪)

お花が綺麗な季節がやって参りました。梅・桜・ふじとやってきまして今回はつつじ。つつじというのは町中でも結構咲いている花であちこちで見かけますよね。大型連休の頃の強い日差しを浴びて鮮やかな色のつつじが咲いていると春がやってきたなという感じがします。(※寒がりのこうちゃんの春は遅い)

今回行ってきたのは大阪府南部の淡輪(たんのわ)。所在地でいうと大阪府泉南市になるみたいですが…。夏になると海水浴客で賑わう(とされる)海水浴場がある地域です。ここに海水浴に行ったことはないのでよく知りませんが^^; で、駅から海方向に歩いて行くにも関わらず上り坂。そう、ここは標高90mの愛宕山(あたごやま)という山の中にあるあたご山公園なのです。まぁ海沿いの所にポコッと丘があるということですね。木が途切れた所から向こうを見渡すと海が見えるのですよ。空が青くなくてちょっと残念!

P1090392

山の斜面につつじがたくさん生えてるというところ。急な斜面、広大な斜面にたくさんのつつじが生えているのでこれを手入れしろというのは無理かもしれませんが蕾のまま枯れてるつつじもあったりしてもう少し手を入れると素敵になるのになという印象です。

P1090394

下の方に降りていく細い道があってそこからは赤い橋と海とつつじが眺められるポイントがあります。ここは非常に綺麗ですが見所というとここだけでしょうか…。ふじまつりは民家を解放して下さっているので見所が少なくても大いに納得なのですが見所が少なくてこの点でも残念。

P1090406

もう巷の桜は花も散ってすっかり葉が繁っているのですが、八重桜が咲いていました。今日は中望遠の単焦点レンズを持ってきて標準キットレンズ・中望遠単焦点レンズ・望遠キットレンズの3本で挑んだのですが、この場面はワンポイントでマクロレンズが必要になった場面でしたね。もっとも、桜を撮らなければマクロレンズは必要ないのです。その読みは今回は当たっていました。

P1090396

ふじの花も咲いていましたが、やっぱりふじはふじまつり!

P1090410

今回は中望遠単焦点レンズをうまく使いこなそうということをテーマに写真を撮りに行きました。その采配がうまくはまったのはこのあたりでしょうか。

P1090429

P1090427

ただ単に写真を撮ればいいってもんじゃない。明るい単焦点レンズの良さが活きる時もあれば、キットレンズで撮ってもあまり変わらないだろうなって想像できる時もあります。そのあたりも少しずつわかってきました。(写真をたくさん撮ってらっしゃる方は既にお気づきかもしれませんが…。)最新型の車両の8350系もなかなか良かったんじゃないでしょうか!?

P1090438

*  *  *


今回のつつじまつりの写真アルバムです。

2017-04-29 つつじまつり(大阪府・淡輪)



Date
2017年4月29日
Location
大阪府泉南市

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

ふじまつり2017

今年も去る4月23日に大阪は泉南信達(しんだち)のふじまつりに行ってきました。ふじまつりに行くのは今年で3年連続3回目。去年の記事は書かなかったのかな…。FC2にもTumblrにも僕の記憶にもありません。きっとBlogのあり方を巡って僕の中で色々あったのでしょう。

このふじまつりのホームページでも、それから春待ち水仙まつりの蜻蛉池公園でも、今年のふじは房が長いというのがもっぱらの噂。3年連続3回目だけど…ん~モコナよく分からない。横に去年を等倍で置いてくれないとなんとも言えません。待っていても仕方がないので、朝起きて準備ができたらすぐに行ってきました。一応ふじまつりの開始は10:00。着いた時は9:00になっていなかったのですが既に出店の準備等で開場していたので入ることができました。朝早いとあって人はまばら。人のいない写真を撮ることができました。

P1090175

例年人で一杯の駐車場もガラガラ。広角のレンズで写真を撮ると目で見るよりも広い空間に写りますね。

P1090184

今年はふじの開花は例年より遅いようで、ガレージスペースの上から垂れ下がるふじの房の下の方はまだ咲いていない様子で少しスカスカの印象。上から見る分には非常に綺麗。"藤の雲海"です。ここでも広角のレンズを使うと雲海に奥行きが出ます。

P1090192

ここで一つ問題が。この日は抜けるような青空。青い空も一緒に写したいですよね。写真を撮ると時として青い空が白く抜けてしまいます。ふじの色もちょっと白っぽい…?露出をマイナスにして撮ってみましょうか。

P1090194

強い太陽光の下でカメラのディスプレイを覗いた時はクッキリハッキリ三代澤康司ですでいい写真と思ったのですが、全体的にちょいと暗い。向かいの家が黒っぽく写ってしまいました。Windowsに付属している画像処理ソフトで少し明るさを調整。

P1090194 (2)

うん、いい感じ。もっと空が青ければ良かったのですが、これくらいで許しておいてやろう。こうちゃんは一つ「露出補正」という要素を覚えた!少し暗めに写真を撮って後から明るめに修正したら万事OK…でもないらしい。

P1090203

この写真はふじの色は綺麗に出ているのですが、空の青が今ひとつ。

P1090204

この写真は空の青は非常に綺麗。ふじの色も濃いめ。でも全体的に暗い写真。明るい単焦点レンズならこんな状況でも空の青とふじの紫が綺麗に撮れるのか…な?まだ人もあまり来ていなかった時間帯だったのでミニ三脚を立ててHDRを試してみれば良かったなと後悔。その点非常に人間の目は優秀だなと思います。

それをごまかすには…日陰のふじと日向のふじを一緒に入れる!我ながらいい考えであります!

P1090214

ちなみに、このふじは1本の木。写真右の紙垂(しで)のかかっている木が本体になります。本体といえば全部本体なんですが…^^;ファイナルファンタジーなんかだとこの木が襲ってくるんですよね(ゲーム脳)

P1090182

ふじの房をアップにした写真は後ほどご覧頂くとして、ふじまつりの開場を後にします。この写真はいい青空にいいふじの色ですね!

P1090258

時間が十分にあるので思いつきでもう少し周辺をぶらぶらすることに。周辺の観光スポットをスマホで検索すると長慶寺というお寺があるそう。徒歩10分ほどらしいので行ってみよう。広角レンズの良さを活かすには奥行きを感じさせる構図を作ること。手前にモノを配置して奥行き感を出すか、手前から奥にずーっと続いているものを撮るかというあたりになってきます。

P1090260

P1090261

P1090266

3枚目の構図は微妙…。

P1090274

先の吉野でカメラを斜めに構えることを覚えました。もはや写真は下が下とは限らないん…だぜ?

さて、長慶寺に到着。三重塔を遠くから撮るのか、それとも近くから撮るのか。近くから撮れば広角レンズ、遠くから撮れば望遠レンズで撮ることになりますが、近づくと見上げる格好で撮るので写真の構図が変わってきます。

P1090278

P1090283

手前の槙にフォーカスを合わせて後ろの建物を背景に写真を撮ります。

P1090288

建物のてっぺんの鳥をアップで。

P1090289

お寺の境内に結んであるおみくじを発見。そう言えばレトレ教授が[都心の庭園と門前町の神社@ものぐさブルーライト]でおみくじの面白い写真を撮ってましたよね。よし、僕も…ということでレトレチャレンジ。面白いおみくじの写真を撮れ。

P1090302

ボルゥ(低音)。レトレ教授の写真みたいに写真がボケない。キットレンズと明るい単焦点レンズの差がここに出てきているのでしょう。ベタッと全部遠景の写真なら違いはあまり出ないんでしょうけど、こういう写真なら違いが出てきます。ぐぬぬ…。そういえば、今まで出しませんでしたがふじの房のアップの写真。

P1090226

たぶん明るい単焦点レンズならもっと背景がボケて印象的な写真になってたんじゃないかと思います。こちらが去年のふじまつりの1枚の写真。中望遠単焦点レンズ(M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8)を使って撮りました。この時は確か思うような構図で写真が撮れなかったのを悩んだんですよね。今回はその反省は活かすことができました。

170423-1.jpg

今回も吉野の桜見同様、2本の標準・望遠キットレンズに加えてマクロレンズを携えて行ってきました。しかし今回マクロレンズを使って撮った写真は数枚あるも、接写をした写真はありませんでした。3本レンズを持っていくなら今回はマクロレンズを切って中望遠単焦点レンズを持っていけばよかったのかもしれません。梅や桜とは花の大きさが藤では全然違うわけですから。このレンズの組み合わせだと接写ができなくなるし、単焦点レンズの焦点距離が望遠キットレンズに含まれてしまうのでこの組み合わせはないと思ってたのですが…意外とアリかもしれません。もっとも、今僕が持っているレンズは全部で4本なので変な制限プレイやってんと全部持って行けよと言われたらそれまでなんですが^^;

長慶寺で地元の観光ガイドさんに声を掛けられて、紀州街道信達宿本陣の存在を知らされます。「境内の100段ある石段を降りて頂かないといけないのですが…。」と地図を手渡されました。「…(この地図やと僕が来た道もどればええやん?)」と方向音痴の僕。しばらく歩くとガイドさんがお話し下さった石段が。

P1090313

階段を降りなくてラッキー…だった代わりに遠回りをしたのだよ、こうちゃん…。

しばらく行くと紀州街道信達宿本陣へ。江戸時代の参勤交代の時に徳川の一行がここに泊まったとか。お殿様が泊まる所を確か本陣って言うのですよね?古い建物の中に色々展示してあるのは僕はよくわかりません…。こういうのは苦手ですね。歴史好きな人はいいんでしょうけど。

帰りにふじまつり開場の横を通ってきましたが、もうずっと人大杉。人を避けるつもりはなかったのですが、朝の早い時間帯に行って正解でした。

P1090336

昼食はうどん。鰹のお出汁がおいしかった。うどんは透き通るようなちょっと変わったうどんです。白菜と豚肉にみぞれ(大根おろし)が掛かった温かいおうどんでした。

カメラを最初に買った時に付いている標準キットレンズ+望遠キットレンズにマクロレンズをプラスした組み合わせが最強と思っていたのですがそうではなさそう。撮れる写真の守備範囲が一番広いのがこの組み合わせですが、時に内野守備を前進させてゴロを前の方で裁く必要があるというわけです。フォトレタッチについてもちょいと勉強したいところですね。

今回のふじまつりの写真アルバムです。

2017-04-23 ふじまつり&長慶寺(大阪府)

*  *  *

Date
2017年4月23日
Location
大阪府泉南市
ホームページ
熊野街道信達宿藤保存会

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

Twitterとの連携

  • このBlogはTwitterでもコメントが可能です。コメント送信はこちらから。
  • 従来のツイートボタン 
  • Twitterでのフォロー 

// HOME //  NEXT
ご案内

一杯の紅茶(FC2)

メイプルストーリーやその他はボーカロイドなどの記事を掲載。

一杯の紅茶(Tumblr)

iPhoneやミラーレス一眼で撮った写真を掲載。写真共有サービス[フォト蔵]とのリンク投稿もあり。

紅茶のつぶやき

叙事詩&Blogの歴史

(Blog・途中73日間の中断あり)

最近の記事


    月別アーカイブ


    06(1)  05(2)  04(7)  02(1)  01(5)  12(3)  11(3)  10(1)  07(5)  06(10)  05(4)  04(1)  03(6)  02(5)  01(5)  12(4)  11(11)  10(4)  09(5)  08(16)  07(2)  06(13)  05(15)  04(18)  03(18)  02(30)  01(18)  12(13)  11(10)  10(8)  09(11)  08(14)  07(12)  06(9)  05(8)  04(12)  03(11)  02(9)  01(13)  12(15)  11(17)  10(17)  09(13)  08(13)  07(11)  06(11)  05(16)  04(9)  03(13)  02(14)  01(9)  12(16)  11(9)  10(12)  09(12)  08(15)  07(14)  06(11)  05(13)  04(12)  03(12)  02(14)  01(11)  12(13)  11(14)  10(17)  09(15)  08(14)  07(15)  06(14)  05(14)  04(13)  03(13)  02(14)  01(15)  12(15)  11(17)  10(16)  09(18)  08(20)  07(21)  06(17)  05(16)  04(20)  03(13)  02(20)  01(20)  12(24)  11(21)  10(21)  09(18)  08(17)  07(22)  06(20)  05(19)  04(12)  03(15)  02(15)  01(14)  12(16)  11(20)  10(16)  09(16)  08(13)  07(17)  06(17)  05(20)  04(19)  03(30)  02(28)  01(31)  12(31)  11(26) 

    Access Counter

    Vocaloid on YouTube

    ブログ内検索

    一杯の紅茶@Mobile

    Special Thanks To


    Art Link Project



    怜雫様(MapleName:聖漣)

    柊乃様(MapleName:甘春)

    ラルミット様

    海結丹弥(みゅーにゃ)様
    (MapleName:貼帆)

    黎明の地平様

    響木様

    べに桜様
    (MapleName:柚木園紅花)

    空雪様
    (MapleName:絶砕月)

    安くて旨いっ様

    婆娑羅桜火様

    羅紅様

    ミライム様

    星空セレネ様

    Can小梅様

    Sound Link Project



    Y川様(MapleName:寄り道娘)

    okarine様

    Wesbor様

    新着Blog情報

    Powered By 画RSS